応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2010年05月06日

ユーロ売り祭りは今日が本番?

本日からお昼休みの通常更新に戻ります。
連休明けの仕事はなかなか調子が出ませんのぉ〜。


ギリシャがやばいのは周知の事実ですが、もしものときはフランスもやばい?
その理由とは?詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (28位 まり日和)




昨夜はEUR/USDが大台の1.3000を割り込んで、
今朝にかけて1.27台まで下落してきています。

はやくも年内にはEUR/USDはパリティ(1.0000)までの下落がある
との話がちらほら聞かれるようになりましたが、
まぁまぁそこまで行くとしても目先のターゲットをおっかけていくことにしましょう。

といってもここまで下げ足がはやいと日足レベルではよくわかりませんので、
月足を見てみないことにはどこがターゲットかわかりません。

で、先ほど外為どっとコムの記事で「これが妥当かも」と思える水準が載っていたので、
そちらを参考にしたいと思います。
 ⇒ 月足で見るユーロ/ドル相場のポイント(外為どっとコム)

クロス円も高値圏から下落してきていますが、
豪ドル円がサポートライン水準にさしかかっているのでここが正念場です。

今朝の豪小売売上高の結果が悪かったのでヒヤリとしましたが、
その後徐々に持ち直してきています。

ショートカバーに火がつけば86円台回復もあるでしょうから、
買い向かっているロングポジションは気長に利益がでるのを待ちたいと思います。


タイトル画像が変わってるぅ〜。すがすがしいですねぇ。
ユーロの下落トレンドの期間についても注目!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (74位 為替千里眼)




さて本日はECBがありますが、
ここでは当然ながら利上げなどできるわけもなく、
もしかするとサプライズ的な利下げもある?と考えてしまいますが、
そこまでするとさらにユーロ売りが加速しそうですね。

もしかして昨日の下げは祭りの前夜祭で、
本番は今日だったりして。

トリシェ総裁の記者会見では、
ギリシャ問題はEU全体で解決にあたる、とか、
ユーロは大丈夫だとかの火消し発言が出てきそうですが、
すでに消火器程度で消せる火事ではないので、
はたして口先介入に効果があるとは思えません。

EUR/USDは大台を割り込んだことで逆に1.3000がレジスタンスされるようになり、
引き続き戻り売りで楽に利益が出せる状態が続きそうです。

クロス円についてはユーロが売られ続ける限りは弱い状況が続きそうですので、
反発狙いのロングはよくよくタイミングを見計らってから
勝負をしたほうがよさそうです。(豪ドル円以外は)


<今日のポイント>
英国総選挙の行方
EUR/USDの反発は?さらなる下げは?
トリシェ総裁の記者会見での苦し紛れ(?)の説明

ドル円リスク回避の動きで93円50銭の20日MAまで下落してきましたが、
その後は94円台に戻ろうとする動きとなっています。
今日も引き続き下向きの動きに注意ですが、
93円台中盤から前半にかけては反発狙いもありかも知れません。
指値はリスキーなので、チャートを見ながら最適なタイミングで
逆張りしてみたいと思います。
  
ポンド円今日は英国総選挙があるので基本的には様子見です。
クロス円は全体的に弱いセンチメントの中にいるので、
敢えて勝負するならショートでいくしかないでしょう。
下落し続けたら140円付近まではいきそうですので、
流れについていきたいと思います。
  
豪ドル円85円のトレンドラインの水準まできました。
ここからさらに下落するか下げ止まるかに注目ですが、
雲もあるため反発すると見て買い向かいます。


参考になったと思われた方は1ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
ラベル:FX
posted by しー at 12:34| Comment(2) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。