応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2010年04月29日

ギリシャ債がやばっ・・・だが買う

28日(水)は前日のギリシャジャンク債ショックが落ち着き、
値頃感の買いと戻り売りで揺れ動いていました。

夕方のメモを載せてみますと・・・

2010/04/28 16時頃
ギリシャ国債相場が下落 2年債利回り19.76%
ギリシャ国債相場が下落 10年債利回り11.48%
ギリシャ10年物国債の対独連邦債利回りスプレッドが764bp
ギリシャ国債相場が急落 2年債利回り、21%突破

2010/04/28 16:32
ギリシャ10年物国債の対独連邦債利回りスプレッド847bp

2010/04/28 17:09
ギリシャ10年物国債の対独連邦債利回りスプレッド942bp

2010/04/28 17:43
ギリシャ10年物国債の対独連邦債利回りスプレッド995bp

2010/04/28 17:52
ギリシャ国債相場が急落 2年債利回りが38%へ上昇 ええええっ!!??

ということで欧州タイム序盤の時点で
「ギリシャ債、終わったな」
という印象しかもてませんでした。

しかし、その後トリシェECB総裁、ストロスカーンIMF専務理事、
ショイブレ独財務相が共同会見する予定というニュースが伝わると、
ギリシャ救済策が早急に実施されるとの期待から怒濤のショートカバー発生。

ドル円、クロス円も大きく巻き戻して上昇してきました。

今回の下落で仕込んだロングポジションは、
この巻き戻しのおかげで大きく獲ることができたのですが、
正直1日でここまで上昇してくるとは思っていなかったので
なんかしっくりこないトレードでした。

どこまでも上昇するクロス円を見ながら、
「まだ何もでてきていないのに期待しすぎじゃないの?」
と思っていましたが、会見が終わるとほれ見たことかと利食い調整となる始末。

具体的な支援金額が多額なものとなり、
ギリシャ10年物国債の対独連邦債利回りスプレッドは753bpまで縮小しましたが、
依然として異常な状態には変わりなく、今後も債権スプレッドと
ポルトガルなどへの飛び火に注目が集まりそうです。


FOMCについて要点のおさらい。
利上げ開始時期に関する情報は出てこない?ということは・・・。詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (80位 為替千里眼)




この後、FOMCがありますが、
ドルについてはそれほど心配することはなさそうですので、
どのような文言が使われようが、削除されようが、
ドル買いの方向には変わりありません。

結果は29日(木)の朝のお楽しみとしておきますが、
ドル円、豪ドル円については引き続きロングを狙っていきたいと思います。

今日からGW明けまでは変則的な時間での更新となるため、
「今日の狙い目」はお休みとなります。

それでは良い休日を〜。

最後にポチっと1クリックよろしくお願いします〜。
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
ラベル:FX
posted by しー at 00:17| Comment(4) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする