応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2010年04月12日

対円各通貨の今週のイメージ

今朝はEUR/USDが200pips近くの上向き窓明けで始まりました。

週末のうちにギリシャ支援についての具体策が合意されたことで
この窓明けにつながったようです。

・EUからは最大300億ユーロ、期間3年の融資を提供する
・金利は約5%

ということでギリシャが求めている内容をカバーしています。

ここまで大きな窓明けは珍しいというか驚きました。
これまでのユーロ売り玉の解消がドカンと進んだようですね。


毎週末に書かれているその日毎のイベントカレンダーとそのコメントは必見です!
今週は、ドルに注目!ということですかね?詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (83位 為替千里眼)




まずは月曜日恒例、兵ブロガーの週間予想を見てみましょう。
先週は2:5で円安派が優勢でしたが、
私は少数派の円高予想としていました。

先週開始時点ではドル円が高値一杯だったので、
これ以上のドル円上昇は難しいのでは?とみての円高予想でしたが、
ほぼイメージ通りの天井うちから調整下落となってくれました。

さて、今週も波乱の幕開けとなった月曜日ですが、
今週はどちらにいくか予想するのは難しいですねぇ。

というよりレンジ相場をイメージしているので、
円高か円安かの2択は難しい、といったほうが正確でしょうか。

ギリシャ支援が決まってリスク回避モードは解消にむかうでしょうから、
円が買われる理由が薄くなるので、どちらかというと円安に向かうと見ていますが、
他の兵ブロガーの方々の予想はどうなっていますでしょうか?
 ⇒ 兵ブロガーの週間予想


今週はドル円については比較的イメージしやすいです。
(92円台のどこかで下げ止まって、その後揉み合いから上昇へ)

ポンド円については5/6の総選挙に向けて与野党の票集めがどうなるかなど
不安定要素が大きいので一方的なトレンド相場は想像しにくく、
上昇しても前回高値が精一杯と見て戻り売りベースとしておきます。

豪ドル円は87円の高値圏を越えるには材料不足となってきています。
4.25%まで上昇してきた金利の残りの上昇余地は1回〜3回程度。

3回(0.25%×3=0.75%)の利上げがされるのが確実となると、
もう少々余地がありそうですが、そこから先はさらに材料不足となり一服
しそうですので、中期的に見ても90円は届かなそうです。

ユーロ円は今朝のユーロ買いで大きく跳ね上がりましたが、
長い目でのユーロ買いトレンドがでてくるには
まだまだ値固めと不安要素の解消が必要そうですので、
そのうち頭が抑えられそうです。

本日は指標イベントは特になし。

今朝のユーロ買いの窓埋め動向が気になりますが、
ユーロは窓埋めショートといくか、押し目待ちロングといくか、
欧州タイムでは前者、NYタイムでは後者を狙っていきたいと思います。

あ、そういえば今朝の窓明けですっかり話題をかっさらわれてしまった
人民元の切り上げについてもニュースがでてきたときは注意しておきたいと思います。


ポンド円のフィボナッチを改めて確認しておきましょう。
長い足で見たときと短い足で見たとき、どちらを根拠にするかで
予想は大きくかわってきます。

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (43位 侍おやじの・・・)






<今日のポイント>
ユーロの窓埋めが成立するか?
ポンド円高値間近で戻り売りで勝負できるか?

ドル円下に窓明けして始まった今週ですが、
まずは先週安値の92円80銭を割るのを確認し、
92円前半で底固めしてきてから動きだしたいところ。
92円20銭付近の基準線を目処にロングを狙っていきたいと思います。
  
ポンド円ポンド円はドル円とは対照的に上に窓明けて始まりました。
ポンド円は144円台をバックに戻り売りを狙いたいところ。
英国は選挙モードに突入ということで一方的なトレンド状態にはならない
とみてレンジ相場として前回高値付近での逆張りを意識しています。
  
豪ドル円豪ドル円は引き続き様子見中。
高値圏の87円台なので手の出しようがありません。

ラベル:FX
posted by しー at 12:35| Comment(0) | TrackBack(1) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする