応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2010年04月30日

英国債格下げの噂・・・だが買う

(最近このタイトルにはまってますw)

今日は平日ですが休みをとってお出かけ予定でした。

が、下の娘が熱を出してお出かけは中止。
家でまったりしてます。


ドル円とEUR/USDの戦略は?
ドル円の94円台はやはりそういう感触ですよね。詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (42位 共に学び・・・)




昨日は欧州タイムからNYタイムにかけてクロス円は上昇してきました。

24時前後で一旦頭打ちかと思いショートエントリしてましたが、
朝になってみてみるとまだ上がってましたね。

日足の200日MAをバックに売り指値がヒットしており、
一旦利食いをしておきました。

英国債の格下げの噂がでてきてポンド売りとなりそうでしたが、
ポンド円は上昇してポンド買いが優勢となっています。
(私は売ってますが・・・)

EUR/USDはギリシャ救済具体策がでてからじわじわと上昇しており、
クロス円もリスク回避モードは徐々に消える方向にいってそうです。

しかしながら完全にギリシャ懸念、今ではEU懸念といったほうがいいかも
知れませんが、欧州全体でのリスクというのはなかなか消えないでしょうから
まだ戻り売りの姿勢をとっておきたいと思います。

最後にポチっと1クリックよろしくお願いします〜。
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
タグ:FX
posted by しー at 10:07| Comment(2) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

ギリシャ債がやばっ・・・だが買う

28日(水)は前日のギリシャジャンク債ショックが落ち着き、
値頃感の買いと戻り売りで揺れ動いていました。

夕方のメモを載せてみますと・・・

2010/04/28 16時頃
ギリシャ国債相場が下落 2年債利回り19.76%
ギリシャ国債相場が下落 10年債利回り11.48%
ギリシャ10年物国債の対独連邦債利回りスプレッドが764bp
ギリシャ国債相場が急落 2年債利回り、21%突破

2010/04/28 16:32
ギリシャ10年物国債の対独連邦債利回りスプレッド847bp

2010/04/28 17:09
ギリシャ10年物国債の対独連邦債利回りスプレッド942bp

2010/04/28 17:43
ギリシャ10年物国債の対独連邦債利回りスプレッド995bp

2010/04/28 17:52
ギリシャ国債相場が急落 2年債利回りが38%へ上昇 ええええっ!!??

ということで欧州タイム序盤の時点で
「ギリシャ債、終わったな」
という印象しかもてませんでした。

しかし、その後トリシェECB総裁、ストロスカーンIMF専務理事、
ショイブレ独財務相が共同会見する予定というニュースが伝わると、
ギリシャ救済策が早急に実施されるとの期待から怒濤のショートカバー発生。

ドル円、クロス円も大きく巻き戻して上昇してきました。

今回の下落で仕込んだロングポジションは、
この巻き戻しのおかげで大きく獲ることができたのですが、
正直1日でここまで上昇してくるとは思っていなかったので
なんかしっくりこないトレードでした。

どこまでも上昇するクロス円を見ながら、
「まだ何もでてきていないのに期待しすぎじゃないの?」
と思っていましたが、会見が終わるとほれ見たことかと利食い調整となる始末。

具体的な支援金額が多額なものとなり、
ギリシャ10年物国債の対独連邦債利回りスプレッドは753bpまで縮小しましたが、
依然として異常な状態には変わりなく、今後も債権スプレッドと
ポルトガルなどへの飛び火に注目が集まりそうです。


FOMCについて要点のおさらい。
利上げ開始時期に関する情報は出てこない?ということは・・・。詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (80位 為替千里眼)




この後、FOMCがありますが、
ドルについてはそれほど心配することはなさそうですので、
どのような文言が使われようが、削除されようが、
ドル買いの方向には変わりありません。

結果は29日(木)の朝のお楽しみとしておきますが、
ドル円、豪ドル円については引き続きロングを狙っていきたいと思います。

今日からGW明けまでは変則的な時間での更新となるため、
「今日の狙い目」はお休みとなります。

それでは良い休日を〜。

最後にポチっと1クリックよろしくお願いします〜。
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
タグ:FX
posted by しー at 00:17| Comment(4) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

格下げ祭り

最近毎日のように宅急便が届きます。

中身は何かというとエコポイントで申請した美味しいグルメ達ぃ♪

家の前に宅配の車が止まると、
「おー!なんかキター!」
とワクワクしちゃいます。

結構な種類があるので食べるのも楽しみですが、
こういうお得なプレゼントってなんか嬉しいですよね。

先日紹介したこちらの業者でも
めったに食べることのない高級グルメプレゼントをしているので、
こういうときを狙ってトレードしてみると嬉しさ倍増です。
 ⇒ 高級グルメプレゼントキャンペーンをしているFX業者はこちら!


ドル円の今回の下落はむしろよかったのかも?
中期的なトレンドを踏まえ今とるべき行動とは?詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (36位 共に学び・・・)




昨夜はビッグウェーブのある相場でした。

24時前にポルトガルが以下のように格下げされました。
 短期格付けを「A+」→「A-」に格下げ
 長期格付けを「A-1」→「A-2」に格下げ

しかし本番はこれからでした。

24時30分ごろ、今度はギリシャのソブリン格付けが
「BBB+/A-2」→「BB+/B」に引下げられ、
ジャンク債扱いとなるとユーロ売りが炸裂!

クロス円もリスク回避の動きとなって円全面高の展開となりました。

ギリシャ債とドイツ債とのスプレッドは広がりまくりでしたし
2年物の利回りも14%を越えるなどかなり危険な状態でしたので、
こうなるのは必然といえば必然でした。

結局クロス円の強気のロングでいけたのはたったの1日だけでしたね。

レジスタンスライン突破でロングに切り替えていたので
ショート発動が遅れてしまいましたが、
さすがに昨日は波に乗ることができました。

一時反発狙いのロングを仕掛けたりと危ない橋を渡っていましたが、
このナイアガラには乗らないとだめでしょう。


ポンド円で145pipsの大勝利!次の展開も参考になります!
反発か再下落か!?詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (38位 侍おやじの・・・)




NYタイムは終盤までずっと下落基調でしたが、
朝になったころにようやく下落が落ち着き始めています。

豪ドル円は85円台でロングに切り替えました。

10時30分の豪CPIでは、前年比が2.9%と予想より0.1ポイント上昇で、
5月の利上げにやや期待感がでてきました。

ポンド円も下落が収まったのがトレンドライン上ということで、
切り替えロングもいけそうな展開です。

ユーロは買う気にはなれませんが、
ポンド円、豪ドル円ならレンジになりやすいので逆張りも有効でしょう。

今日は昨日の下落の調整反発を狙っていきたいと思います。

またFOMCが27時台にあるため、明日からの連休も考慮して
ポジションは軽めにしておきたいと思います。
(豪ドル円だけは連休スワップ狙いもありかな)


<今日のポイント>
昨日の下落反発狙い
EUR/USDは戻り売り

ドル円様子をみながら買いを拾っていくことにしておいてよかったです。
一時92円80銭くらいまで下落してきました。
連休前にショートカバーの動きもあるでしょうが、
反発狙いは軽めの枚数に抑えておくことにしましょう。
92円15銭の61.8%ラインを目処として押し目買いで待っておきます。
  
ポンド円4/8、4/16の安値を引いたライン上で一旦止まった形です。
2週間おきに大きな陰線をつけてその後じわじわと上昇するパターン
が続いていますので、今回もそのパターンか?
値ごろ感では142円前半はいい買いポイントなので
損切りをタイトにして買ってみるのもいいかも。
  
豪ドル円昨日の時点では85円80銭で買い指値をいれていましたが、
NYタイムのリスク回避の勢いが強かったので一旦解除。
今朝になって85円40銭で改めて買いなおしました。
84円25銭付近のトレンドラインまでは買い下がるつもりですが、
すでに反発しかけているのでそこまでこないかも。


参考になったと思われた方は1ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
タグ:FX
posted by しー at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

買いかと思えば売り。売りかと思えば・・・

もうすぐゴールデンウィークですね。
私は4/30(金)に休みをもらって7連休♪

しかしどこかに遠出するといった予定はなく、
動物園にでも行こうか、と話し合っているくらい。

遠出して渋滞にはまると娘どもがぐずるし、
かといってどこにも行かないのはもったいない。

皆さん何をして過ごすのでしょうか?

お奨めスポットがあればコメントお願いします♪


レバレッジ規制後のFX界はどうなるのでしょう?
あの頃に戻るのは嫌だなぁ。詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (33位 新・脱サラ女・・・)




昨日のポンド円はこれまでのレンジの上限を一つ抜けて145円台後半まで上昇
してきました。「これは全面的に円安進行だな」と考えていましたが、
ところがどっこい、それほどぐいぐいと円売りが進行することはなく、
ある程度のところで上昇は一服。

ギリシャ支援についてドイツのメルケル首相が声明を発表すると、
それほど突っ込んだ内容じゃない!ということで一時的にユーロ売りへ。

となるとEUR/USDは1.3300を割り込んでさらにユーロ売りとなるのかな?
と予測してみると、明けて今日の朝にはEUR/USDは1.3400付近まで上昇していたりして、
上なのか下なのかわからない状況になってきました。

EUR/USDは基本的には戻り売りの姿勢でいるので、
ショートを狙っていきたいところなのですが、
どの水準でショートを入るかが微妙です。

またポンド円も昨日のトレンドライン、レジスタンスライン突破により
上昇にはずみがつくと思われましたが、
現在は再び144円台後半に落ち込んでいることでわかりにくさが倍増してます。

明日にはFOMCもありますし、
こういう日は無理にエントリしないことにしておきましょう。


15分足を見ると方向感がどっちかわからないのがよくわかりますね。
4時間足のチャートも載っているので節目を抑えておきましょう!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (39位 侍おやじの・・・)





<今日のポイント>
狭いレンジでわかりにくい。
やや調整気味なのでロングは一旦様子見

ドル円4月初頭の94円60銭は越えられず一旦落ち着いています。
1〜2週間ほど前の主戦場である92円中盤〜93円中盤のレンジに
戻ってくる可能性も否定できず、強気のロング攻めは早くも様子見へ。
93円30銭付近の20日MAまでの下落を想定し、そこからは様子を見ながら
買っていくといった感じでみていきます。
  
ポンド円先週のレジスタンスラインであった145円前半が
今度はサポートラインとして機能していますが、
ここを割れてくると再び先週までのレンジに戻りそうです。
朝時点では144円90銭から逆指値ショートが有効かと考えていましたが、
お昼の時点ではそうでもないかなと変更中。
方向感が見えないので様子見しておきます。
  
豪ドル円豪ドル円も「あれれ?」といった感じで伸び悩み中。
さすがにギリシャ不安が消えない中で続伸は難しかったか。
ころころ戦略が変わりますが、86円前半から85円後半での押し目待ちに変更します。


参考になったと思われた方は1ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
タグ:FX
posted by しー at 12:28| Comment(2) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

EUR/USDの見通し

この週末にはG20がありましたが、
ギリシャ支援要請のニュースに話題を奪われてしまい、
人民元切り上げについては何もでてきませんでした。

現状は支援要請から各国の交渉に移っているようですが、
今のところ表面的には順調に進んでいるようです。

しかし英紙によると、ドイツ財務相はギリシャがより厳しい条件に合意しない
限り支援を拒否するとの立場を表明するなど、
すんなりとはいかない予感もします。

また今年は300億ユーロの支援ですが、来年は?再来年は?
を考えずるずる行くようではEU各国もたまったものではありません。

5月の借り換えに向けてひとまずほっとできそうな状況になってきましたが、
企業でいえば今年は乗り切れるけど来年は会社を畳まないといけないかも
という危険な状況に近いのではないかと思います。

年初来安値更新から急反発したEUR/USDですが、
ここからV字回復して上昇トレンドとなるようには思えませんねぇ。


ドル円とEUR/USDの週足、日足、4時間足を見た方向性は
どうなっていますでしょうか?その他の解説もわかりやすい!イメージ一緒!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (35位 FXシステムトレード・・・)




さて、本日は月曜日ですので、恒例の兵ブロガー達の予想を見てみましょう。
といっても今週は大体同じような予想になりそうな気がしますが・・・
 ⇒ 兵ブロガーの週間予想

今週は対円では円安進行を予想しています。

ギリシャ支援要請からリスク回避のセンチメントが改善してきたので、
これまでの中期戦略を変更することにします。

ポンド円は分水嶺であった145円を越えてきており、
200日MAも突破してきました。

豪ドル円も87円中盤での高値ラインを越えてきているので、
引け値で維持できれば90円も見えてきそうです。

これまでの押し目ラインを引き上げて、
クロス円ロングで攻めていきたいと思います。

今日はこれといった目玉イベントがありません。

今週後半はGWが始まりますので、
連休前のポジション整理に伴う動きも考える必要がありますが、
本日は素直に流れに乗っておくことにしましょう。


ポンド円など今週の戦略をチャートと共に公開中。
こうやってみるとポンド円は凄いことになりそうですね。詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (38位 新・脱サラ女・・・)





<今日のポイント>
リスク回避解消の円安進行へ
レジスタンスラインブレイク後のロング攻め

ドル円ギリシャが支援を要請したことにより、センチメントが改善。
円安傾向に移行しつつあります。
ドル円も94円台に乗せてきて上昇傾向にありますので、
基本はロングベースで見ていきます。93円台中盤から押し目買いを
狙っていきたいと思います。
  
ポンド円先週末は1つレンジアップして144円台が主戦場となりました。
今日は200日MA、145円でのレジスタンスラインを抜けてきています。
ここを抜けてきたらショート戦略を変更してロングに切り替えます。
中期的な第1ターゲットは147円前後、
そこも越えてこれば150円の大台となりますが、
その頃には英国選挙の結果次第で変わる可能性もありそうです。
  
豪ドル円大きな調整が来ることなく再び87円台へときました。
85円後半で拾うのが有効でしたが、ギリシャ懸念がなくなると、
さらに豪ドル円は買い進められそうですので、87円前後での押し目
買いに引き上げます。


参考になったと思われた方は1ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
タグ:FX
posted by しー at 12:35| Comment(0) | TrackBack(1) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

三拍子揃ったFX業者

あなたは1ヶ月にトレードする総枚数を把握していますでしょうか?

もし把握していない場合は、1度売買実績を確認して見て下さい。

私の場合は、4月のトレード総枚数は、1,000枚ちょっと(1,000万通貨単位)でした。

次にその数字に10円を掛けてみましょう。

もし本日紹介するFX業者でトレードしていたら、
10円を掛けた金額がキャッシュバックされるというキャンペーンがあります。

このキャンペーン、実は4月から始まっていたのですが、すでに4月も終盤。

今から飛び乗っても無駄でしょ?
と思われた方に朗報です。

5月からは新規の方に対しても対象が拡大され、
さらに金額は20円に倍増!

私の場合なら20,000円がキャッシュバックされる計算となります。

さらにさらに1,000枚以上の売買実績のある方には、
超豪華お取り寄せグルメプレゼントも貰えてしまいます。

今月は私の住んでいる地域のお肉でもある「松阪牛」をプレゼント。

普段はめったに食べることのないお肉ですが、
こういう機会に高級肉を食べることができるのは超幸せ。
松阪牛の霜降りしゃぶしゃぶなんて、めっちゃおいしいですよ。


とここまではお得な情報でしたが、
実際に自分のお金を預けてトレードする環境が使い物にならなければお話になりません。

しかしその点については大丈夫。

トレード環境は全世界で使われているGFT系のツールを採用。

自分好みのカスタマイズはもちろん、
相場の急変時に何があったのかを瞬時に把握できるよう、
リアルタイムに市況ニュースを知ることもできます。

また純資産1,115億という圧倒的な資産を持つグループの中で
当然の如く信託保全完備という安心環境を提供しています。

環境良し(信託保全、最高水準のトレード環境)
お金良し(キャッシュバック)
お肉良し(他の高級グルメもあり)


三拍子揃ったFX業者でのトレードがどんなものか(お肉は関係ないですけど(笑))
あなたの眼で感じてみてください。

 ⇒ 岡三オンライン証券

岡三オンライン証券
posted by しー at 01:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 口座開設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

ユーロ売り炸裂

今夜は飲み会です。氷花餃子を食べに行って来ます。
この餃子、食べたことがないので、どんなお味か楽しみです。

さて昨日は東京タイムから欧州にかけては、
ポンド円が143円後半での戻り売りが機能しました。

その後NYタイムでは142円80銭のラインを割れると売りが加速し、
一気に141円台へとダイブを期待しましたが、
そこまではいかずに下落は終了。

23時台に入るとEUR/USDが3度目の安値トライとなったので、
ショートを狙っていましたが、急上昇のあとに急落という
超激しい動きに混乱していました。

急上昇については「短期の繋ぎ融資を受ける」との噂により
ユーロのショートカバーとなりましたが、
その直後にムーディーズがギリシャのソブリン格付けをA2からA3に格下げし、
さらなる格下げの可能性もあるとの見通しを示したことによって
今度は一気にユーロ売りへ。

EUR/USDはこの乱高下で一時的に安値を更新して
1.3255まで下落しました。

これまでの安値ラインが1.3265でしたので、
1.3260に逆指値ショートを設定していましたが、
上記の乱高下が発生する前に逆指値を削除しておいて正解でした。
これはツイてましたね。

その後NYタイムから引けにかけてユーロ売りが進行し、
1.3200ラインまで下落してきています。

ギリシャ債スプレッドの広がりが止まらない状況では、
ユーロ売りに傾斜するのはごもっともですので、
EUR/USDは1.3000の大台ラインまでの下落を想定しておきたいと思います。


ユーロ円のチャートはきれいなテクニカルが現れました。
これを踏まえて目指す水準はどこか?こちらのブログで確認しておきましょう。

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (9位 JACKの・・・)




本日の注目イベントはまずは英GDPがあります。

赤字問題で揺れる英国の政局が注目する指標でもありますし、
我々投資家としても当然ながら結果次第でポンド買い、売りと
明確に選択肢が分かれるでしょうから、素直に結果についていくことにしましょう。

もしよければ戻り売りポイントは一段あげて、145円前後とする必要が
あるかも知れません。

また今週末はG20がワシントンで開催されます。

今回は人民元の切り上げについて議論される可能性が高く、
そうなると週明けは円高方向への動きとなるので、
週をはさんだポジションには注意が必要でしょう。


昨日、一昨日はこの考え方でいけばかなりおいしい相場でしたね。
さて今日はどうでしょうか?二度あることは三度ある?詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (41位 侍おやじの・・・)





ドル円昨日の序盤は弱かったドル円ですが、今日は強そうです。
93円付近からの押し目買い狙いで30〜50pips程度の利益を
とっていくようなイメージで望めそうです。
  
ポンド円144円前後のレジスタンスラインが強力のようで、
戻り売りには絶好のポイントです。すぐ上にストップを置いておけば、
低リスクで大きく獲れるチャンスですので、
引き続き143円80銭〜144円付近での戻り売りを狙います。
GDPがよければ145円に戻り売りポイントを引き上げます。
  
豪ドル円85円70銭の転換線での押し目買いが機能しました。
崩れそうで崩れないのが豪ドル円なので、
なかなか深い押し目がやってきませんが、
上から順番に目処となる地点で買い指値を設定しておき、
おこぼれをもらっていきたいと思います。

タグ:FX
posted by しー at 12:19| Comment(3) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

クロス円の戻り売りを狙う理由

今年は異常気象ですね。

昨日は23℃まで気温があがったのに、今日は13℃までしかあがらない。
寒暖の差が激しくて、冬用の上着が未だに活躍しています。

どなたかのツイートで、ハイチ、チリ、チベットの大地震は46日周期で発生
というのがありましたが、ついに東海沖地震がやってくる前兆なのだろうか。

次の46日後は5/30(日)。ちょっと不安になってきました。


む?これは興味深い内容ですね。
3年以上続けている私はもしかしてもの凄いエキスパートだったりして?

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (36位 新・脱サラ女・・・)




昨日は欧州タイムの英雇用統計の結果が好調で、
ポンド主導で円安方向へと跳ねました。

その後再下落したり再上昇したりと、なかなか面白い展開でした。

ポンド円は144円手前からはショート狙いでエントリし、
宵越しでまずまず大きく獲ることに成功。

今朝は日経平均株価が下落したり、
ギリシャ債のスプレッドが大きく拡大しており、
これがユーロ売りとリスク回避のネタとして作用しています。

私が戻り売り推奨のスタンスなのはこの点があるからです。
ギリシャ債の価格が下落、金利上昇、利払い圧迫。

ジョージ・ソロス氏が
「ドイツが主張する5%の金利はギリシャ経済の首を絞める」
と先日発言されていましたが、支援を受けたあともキュウキュウなのは目に見えており、
ユーロ脱退の危険性やら、EU他国へ波及など、悪いことの想像はつきません。

これらはすべてリスク回避へとつながっており、
この考えのもとで円安が大きく進行するとは思えない
という結論に至っています。

最も安心して買える通貨(だと思う)豪ドルでさえ、
一昔前の水準には届かず87円で頭打ちをしている現状ですので、
当のユーロ円はもちろん、政局不安定なポンド円も同様にショートベースで狙う
というのが大きな流れなのかなと考えています。

ドルと円はどちらもリスク回避先の通貨ですが、
ドルと円のパワーバランスでいくとドルのが強いので、
ドル円としてはロングベースとなりますが、
今週でてきたGS提訴問題は、
「独バイエルン州立銀行がGSとの取引を終了したことを発表した」
などとドイツや英国はGSとの関係を絶つ動きになっています。

このことがどこまで影響するのかよくわかっていませんが、
素人目に考えて、米国の金融規制法案との合わせ技を加えると

GS包囲網→GSの収益悪化→米金融株下落→金融不安?

という最悪シナリオがでてきたりして〜
なんて考えたりもしてます。

もしそうなればドルも売られる対象となるでしょうけど、
現実的ではない話だと思いますので、
ドル円は押し目狙いのロングでしばらく見ていきたいと思ってます。


英国選挙がより一層不透明に?
ブラウン首相が爆弾発言か?こちらも目が離せません!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (64位 ロンドンFX)





<今日のポイント>
週末リスクに備えた早めのロングポジ利食いは?
ギリシャ債に端を発するリスク回避による円高。

ドル円昨日はクロス円が元気に跳ね回る中、ドル円はそれほど動かず
なかなか手を出しづらい展開でした。
時間足のチャートが弱くなりつつあるので、
まずは下げてくるのを予想します。
時間足雲の下限の92円50銭付近で下げ止まるようであれば、
押し目狙いでもよいかも知れませんが、
もう少し下(92円20銭付近)あたりを狙いたいですね。
  
ポンド円ポンド円も8時30分の時点で時間足が下落を示唆し始めました。
ボリバンが狭いので動き始めたら一気にいきそうです。
まだ本格的な下げにはつながっていませんが、
いつかは来ると期待せざるを得ません。
引き続き141円50銭までの下落を目指したいと思います。
  
豪ドル円豪ドル円は日足が上ヒゲ陰線となり、再び一服しそうです。
87円のレンジの上限は堅そうですね。
再度押し目待ちの様子見とします。
85円70銭の転換線、85円付近の基準線辺りが目処。
最大83円70銭のトレンドライン下限を越えない限りは
ロングを拾っていきます。


参考になったと思われた方は1ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
タグ:FX
posted by しー at 12:39| Comment(1) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

火種ちゃくちゃく。だが円売り!

今日の発見!(そんなコーナーあったのか!?)

今まで「対処療法(たいしょりょうほう)」だと思っていましたが、
「対症療法(たいしょうりょうほう)」が正解だったこと。

症状に対する療法と考えれば、確かに後者が正解ですわ。


ドル円強し!高値想定ラインと安値想定ラインを確認し、
どちらでついていくか見ておくことにしましょう!詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (38位 共に学び・・・)




今朝の新聞にゴールドマンサックスがSECから提訴されたことを受けて、
AIGもGSに対して法的措置を検討とのニュースがありました。

さすが訴訟王国アメリカ、と思いましたが、
そもそもSECの提訴は3対2でぎりぎり決まったというニュースがあり、
その後決算が好結果だったことなどからいつの間にかリスク回避は解消され、
円売り状態に戻っています。

英・独の政治家が政府に対してGSと関係を断つよう要請した(WSJ)
米ホワイトハウス、ゴールドマン提訴への関与を否定(WSJ)
といったニュースもあり、GS関連では色々と話題に事欠きません。

とりあえずはドル買い方向への動きとなっていますが、
GSの火種は完全には消えていないということだけ頭の隅に置いておくことにしましょう。

また、昨日はギリシャの13週物の入札がありましたが、
これも無事消化されました。しかしながら金利は依然として異常に高騰。
CDSの開きもやばい状態になっていますので、
ユーロ買いは危険な状態が続いています。

こちらの火種は徐々に大きくなっているように思えますが、
昨日一時的にEUR/USDが1.35台に乗せてきた後、
絶好の戻り売りポイントとなりました。

現時点で1.3420付近まで下落していますが、
いずれ火種が燃え上がり、どかんとはじけると考えていますので、
引き続きEUR/USDは下向きと見ておくことにします。


さて本日は朝の時点で時間足、4時間足を確認したところ、
今日は調整の日だ、と見ましたが午前中は日経平均が堅調に推移し、
円高進行を阻んでいます。

もう少しアク抜きしてくれないと買うに買えないのですが、
午後から日経平均、ダウ先が軟調になってくれれば、
クロス円売りを発動させていきたいと思います。

また今日の夕方(17時30分)にはBOE議事録と英失業率の指標があります。

今月のBOEはサプライズなく過ぎ去ったので、
議事録もそれほど大きな動きにはつながらないと思いますが、
失業率のほうは悪化となると不安定な地合いのポンドはすぐに売りに傾きそう
ですので、基本的にはポンドはショート狙いで見ていきます。


先月の英雇用統計では○○だったのを覚えてますか?
忘れてしまった人はこちらのブログで確認しておきましょう。
ドル、ユーロ、ポンドの今の状態がよくわかる内容です!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (30位 まり日和)





<今日のポイント>
BOE議事録と英失業率の結果

ドル円1時間足を見ると一本調子で上昇してきていますが、
93円台に乗せてきてからやや調子が崩れてきています。
日足では93円70銭付近のレジスタンスラインが意識されますので、
そこまでは上昇の可能性がありますが、
そこからは利食い&戻り売りがでてくるかも知れません。
レジスタンスラインを抜けないようであればショートを狙いますが、
基本的にはドル買い、円売りの流れだと思いますので、
ショートの利食いは早く、押し目買いはじっくりと育てていきます。
  
ポンド円欧州からNYタイムにかけては142円から143円の狭いレンジ
にとどまり、やや行き場をなくした感じです。
142円中盤は越えてきて一つレンジアップはしていますが、
143円70銭のフィボ61.8%ラインをバックに戻り売りを狙いたいところ。
142円80銭を下抜いてきたら売り増してもいいかも。
ターゲットは141円50銭です。
  
豪ドル円やはり強い豪ドル円。
83円後半から87円手前まで一気に駆け上がってきました。
ターゲットの87円には届かなかったものの、
86円台で利食いして大きく獲ることができました。
今日は調整がありそうですので再び様子見に戻ります。
今回の下から上の半値の85円60〜80銭あたりで再度仕込みたいですね。


参考になったと思われた方は1ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
タグ:FX
posted by しー at 12:33| Comment(2) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

トレンドが変わる判断基準

今日は雨ですね。
ところで春の雨と書いて春雨(はるさめ)ですが、
なぜあのつるつるの物体が春の雨なんでしょう?

ちょっと調べてみると・・・

「春雨」という名前の由来は、その形状から容易に想像がつくように、
「春の細かい雨」に由来します。

ですって。ほんとに春の雨から来てるんだ!
へぇ〜。


今まさに自分が潜る順番・・・。ん〜いいお言葉をもらいました。
こういう考えができるかどうかで人生に深みが増しますよね。

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (4位 為替兎の・・・)




昨日は目立った指標はありませんでしたが、東京タイムは円高優勢。

欧州タイムからは売り一巡ということで逆に反発し始め、
NYタイムまでじわじわ上昇する展開が続きました。

トレンドが切り替わったと判断したら、さっきまでのトレンドは忘れること。
いつまでも固執していると、損切りの嵐となってしまいます。

切り替わったかどうかの判断基準は人それぞれだと思いますが、
MACDの傾き、MAの傾き、トレンドラインをブレイクなど
いくつもありますので自分のトレードにあったものを見るとよいでしょう。

MACDやMAの傾きと一言でいっても、チャートの足の長さや設定によって千差万別
ですので、そこは研究対象ですよね。

私はスキャル〜デイトレをしているときは5分足の20MAを参考にしています。

1分足も見ていますが、こちらはサインが早すぎるのであまり信用していませんが、
スキャルで利食いするときは1分足を見て判断しています。

なのでトレンドが出始めたときは「あぁぁぁ〜利食いが早すぎたぁ〜」
となってしまうんですけどねw

さてさて、今朝はRBA議事録の発表がありましたが強い内容となりました。

「金利は平均をやや下回っている、今後一段の利上げが必要」
「さらに利上げが必要」

などとさらなる利上げを示しており、金利先高感による豪ドル買いとなっています。

が、それほど突っ走ることはなく86円手前で失速してます。

どうもまだ各国株安懸念による不穏な動きがありそうな予感。

といっても豪ドルは買いで間違いないので、
ガンガンロングで攻めていきましょう。


英国総選挙が注目される理由とは?
こちらのブログで改めて確認しておきましょう。最後のオチに笑ったw

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (92位 為替千里眼)





<今日のポイント>
月曜日の下落をはき出して円安進行へ
英CPI(17:30)発表後のポンドの行方
米金融機関の決算発表

ドル円91円60銭付近まで下落後、欧州タイムからじわじわと上昇し、
92円中盤まで戻してきました。92円中盤は時間足雲があり、
短期トレンドラインの上限付近でもあるので、
ここらで一服するかも知れません。
今日はあまり大きく動きそうにないので様子見とするか、
92円台後半での戻り売りを狙います。
  
ポンド円150円60銭〜132円のフィボナッチの38.2%ライン(139円40銭)で
ちょうど止まった形となり、その後引けにかけて200pips以上戻して
きています。今日はこの反発が抑えられ反落するところを狙いたいですね。
目処は142円50銭前後でしょうか。
その後は再び下落モード突入を期待したいところ。
  
豪ドル円豪ドル円は久しぶりのポジションです。
ロングが幾つかヒットしていますが、理想は87円台まで引っ張りたい
と思いますが、86円台で利食いしてしまうかも。
利食い欲求に耐える試練を味わいたいと思います。


参考になったと思われた方は1ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
タグ:FX
posted by しー at 12:25| Comment(2) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

今週のイメージと買う通貨、売る通貨

今年は4月なのに雪が降ったり、そしてまた暖かくなったりと、
まさに寒暖の差が激しい異常な春ですが、
為替市場のほうも相場の行方の移り変わりが激しい状態となっています。

今朝のポンド円は100pips以上下向きの窓明けとなり、
先週末のリスク回避モードが継続しています。

先週金曜日にあった出来事をおさらいしておくと・・・

米証券取引委員会がゴールドマン・サックスを詐欺容疑で提訴 → 米株安&リスク回避へ
WSJが今月のFRBで「長期的な」の文言は引き続き使われる見通し → ドル売りへ
中国が段階的に変動相場制を導入することを公表 → 円買いへ
アイスランドの火山灰で欧州空路が大混乱 → リスク回避へ?

4つ目は陸路、海路が残っているので経済的な混乱には発展していませんが、
好材料とは言えないので無理矢理含めてみました。

上記のように円買いトリプルパンチの材料により株安円高連鎖となっています。

ある意味わかりやすい展開の中、兵ブロガー達の週間予想はどうなっているか
確認してみましょう。
 ⇒ 兵ブロガーの週間予想


ドル円とユロドルの現在の方向性は?
週足、日足、4時間足を見ると見えてくるものがあります。詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (32位 FXシステム・・・)




私の今週のイメージは、結構そのまんまですね。

豪ドル円は早くから買い仕掛けをしていきますが、
その他の通貨は、買うならなるべくじっくり待ってからにしたいと思います。

下落トレンドとは思っていない → 早めのロング → やっぱり下落トレンドだった(涙)
というパターンは何度も経験していますので、

ちなみに豪ドル円に限っては損切りは考えていません。

500pispだろうが1000pipsだろうが耐え抜く自信がありますので、
同じようにロングする方がいたら、それなりの覚悟を持って望んで下さいね。
(そんなに極端に下落するとは思っていませんけど〜)

さて、本日は日経平均も朝一から下げてますし、
欧州からNYにかけても株安が止まらないようであれば、
円高方向への動きが続くのではないかと思います。

ロングしたい人は今日はぐっと我慢したほうがいいかも知れません。

EUR/USDが金曜日に窓埋めを達成し、1.3500を割れてきています。
こうなると3度安値トライへの期待が高まりますが、
今回のリスク回避は米国発の材料があるため、
ドル買いが炸裂するかは疑問があります。

ですが、ユーロvsドルのバランスでいけば、
まだドルに分があると思いますので、
EUR/USDはショートでOKのようにも思えます。

クロス円ロング待ちをしている間はユロドルショートで
勝負してみたいと思います。


ギリシャ支援は延期?と思ったら○○が延期なのね。
あーちょっとびっくりしたー。詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (36位 まり日和)





<今日のポイント>
ポンド円140円割れの逆指値ショート狙い
EUR/USD窓埋め達成した後、再下落するか?

ドル円先週末のGS提訴事件からドル売りが加速し、
堅調だったドル円にも調整の波がやってきています。
92円前半は2月高値や3月後半の安値でサポートラインとなる可能性
が高かったのですが、そこを割り込んできました。
次は88円10銭〜94円80銭の半値である91円45銭を目処に見ておきます。
円買いはあまり長続きしないと思っているので、
押し目と捉えて下落が落ち着いたら買います。
  
ポンド円今朝は雲の上限である140円75銭を割り込み窓明けオープン。
まずは窓埋めの展開を予想しますが、その後は戻り売りが有効かも。
140円割れも視野にいれ、ショート狙いでいきます。
  
豪ドル円ようやく待ちに待った水準まで来ました。
84円後半から前半、83円にかけてぱらぱらと買っていきます。
最大トレンドライン下限の83円40銭までの下落は想定していますが、
そこまで順次買い下がっていきます。資金管理にはご注意を。


参考になったと思われた方は1ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
タグ:FX
posted by しー at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

手数料とスプレッド

FXのトレードにおける手数料は、確定申告で経費に計上OKじゃないですか?

ということは例えばスプレッド3銭の相当分を、
スプレッド0銭+手数料150円(往復300円)といった形にすれば
FX業者としては顧客からもらう1トレード当りの収益は変わらず、
FX投資家としても、手数料は経費に計上できるので
申告時に税金対策ができて嬉しい!!

となると思うのですが、
なぜどのFX業者もこういう形を取らないのだろう?

FX業者にとっては手数料収入とスプレッド収入は計上区分か何かが違い、
不利な条件になっているのかな?

もしくは例えばドル円なら手数料往復100円(スプレッド1銭相当)
ポンド円なら手数料往復300円(スプレッド3銭相当)
といったように通貨ペアごとに手数料を変えちゃいけないとか?

もし全通貨ペアのスプレッド0銭!!
通貨ペアごとに手数料が変動!!
といったFX業者がでてきたら真っ先に乗り換えるし、
全力で紹介するんですけど。


英国在住のこちらの方は英国総選挙状況を細かく伝えてくれてます。
ポンド関連の行方を見る上でこういった情報はありがたいです!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (62位 ロンドンFX)




今朝、ようやく病院に行ってきました。

通院後すぐにもらってきた薬を飲みましたが、
頭痛がおさまってすごく楽になりました。

やっぱり市販の薬じゃだめですね。
漢方、いいよ漢方。

で、今日は朝から下げてます。
待ちに待った円高です。

昨日も下げましたがNYタイムには再び高値圏に向かい、
再度の売りチャンスがやってきました。

昨夜は体調が思わしくなかったのでガツガツとトレードはできませんでしたが、
思惑通りに動いてきてくれてちょっとほっとしてます。

多分今は思惑と動きが一致しているときだと思いますので、
この機を逃してはもったいないですね。

さて本日は朝から仕事がばたばたしており、
経済ニュースや市況をのぞき見ている暇がありませんでした。(おい!)

ツイッターも全然追いついてないし、
今夜の見通しも立っていない。

欧州タイムにユーロ圏CPIの発表がありますが、
これがよくてもユーロ買いにつながるかどうかは微妙。

今はギリシャ問題の行方次第というのが大きいので、
ユーロCPIはあまり気にしないでおきましょう。


昨日から今朝にかけての円高の理由が知りたい方はこちら!
バタバタしている人にはこういうブログは助かりますね。

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (13位 FXデイトレーダー・・・)





<今日のポイント>
ポンド円142円のサポートラインで止まってレンジ相場確定となるか?

ドル円朝の時点で今日は弱そうと見えるチャートでしたが、
92円台におりてきました。こうなると92円20銭付近の基準線が
意識されそうです。その辺りでの押し目買いが有効でしょう。
  
ポンド円145円10銭の200日MAでしっかり上値が抑えられ
絶好の戻り売り相場となりました。
レンジ相場となるなら、142円付近で止まるはずですが、
まずは142円まではショートでついていきたいと思います。
142円を下抜けるのも十分にあり得るので、抜ければさらに売りでついていきます。
  
豪ドル円豪ドル円は引き続き様子見中。
3度目の85円台が目前ですが、今回ロングで手を出すとそのままさらに下落?
という嫌な予感がするのですが、もしそうなっても谷は深くないでしょうから、
そんな予感は気にせずに85円台から買い向かいたいと思います。


参考になったと思われた方は1ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
タグ:FX
posted by しー at 12:37| Comment(0) | TrackBack(1) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

男性語と女性語の違い

数年前の記事ですが、次のような内容の記事がありました。

---------
朝日新聞が読売新聞に大差をつけられていますが、その理由が分かりますか?

こう質問すると、男たちはすぐ「拡販店の営業努力の差だ」とか「読売グルー
プの営業戦略のせいだ」とか、したり顔で分かったような答えをします。しか
し、これでは具体的なことは分かりません。

その点、女性は「読売新聞のほうが分かりやすいから」と明快に答えます。か
くして、女性読者が朝日から読売に流れているため大差がついているわけです。
それではなぜ読売新聞のほうが分かりやすいのでしょうか?
それは、読売は「女性語」と多く使い、朝日は「男性語」を多く使っているか
らです。新聞はどれも男性語が多いと思っているでしょうが、なかでは読売が
いちばん女性語を使っているのです。

女性語というのは、動詞、形容詞で止める文体の「用言止め」を基本とした言
葉です。一方の男性語は、名詞、代名詞、数詞で止める「体言止め」と基本に
しています。たとえば、「むずかしい」は女性語で、「難解」は男性語です。
どちらが分かりやすいですか?

ところが男たちは、こんな難解な男性語を多用しています。新聞の見出しも男
性語のオンパレードです。これでは女性は離れていくのは当然でしょう。
---------

かなり昔なので、いまでも大差がつけられているかどうかはわかりませんが、
男性語ではなくなるべく女性語を使ってわかりやすいブログを書いていきたい
と思います。

ちなみに私は男性です。

たまに「しーさんは女性だと思ってました」と言われることがありますが、
これは女性語を使っていたという証明なのかしら?
(↑こういうネカマっぽい言葉を使ってたからじゃないの?)


1年間ずっと勝ち続けている仙人が気をつけていることとは?
勝つために必要なことは意外と地味なものですね。詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (30位 新・脱サラ女・・・)




さて、昨夜は米小売売上高が好結果だったにも関わらず、
その後23時のバーナンキFRB議長の講演時間から荒っぽい動きとなり、
一時的にドスンと下げる場面も見られました。

しかしその後は買い戻されて再び高値圏維持といった具合です。

クロス円、特にポンド円は下向きに落ちるのをベース戦略としている私にとっては、
もっとがっつり落ちて欲しいというのがホンネの思い。

これを書いている今もポンド円は私の中での分水嶺、
145円10銭が間近になってきました。

今朝の英国の最新世論調査では、
「保守党野党、与党労働党を12ポイント上回っている」
と報じられて、過半数に足りない政党ばかりの状況にはならないのでは?
という思惑からポンドは買いが優勢となっているようです。

選挙前に一方的なトレンドは発生しないのでは?
という考えからレンジ相場を予想し、
レンジの上限は200日MAまでだろうと考えていますが、
もしここを越えてくると考えを改めないといけません。

対円で勝負せずに、対ドルのGBP/USDで勝負したほうが
わかりやすいかも知れませんねぇ。


ドル円の方向性はよくわかりませんが、EUR/USDならわかりやすいかも?
1.36台での戦略はこちらが参考になります。

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (34位 共に学び・・・)





<今日のポイント>
私の体調、復活せずorz
ポンド円は200日MAでレジストされるか?
豪ドル円の上値ブレイクは?

ドル円ドル円日足のチャートは上ヒゲ下ヒゲコマ足と方向感が見えません。
昨日の小売売上高でドル買い加速か?と考えていましたが、
そううまくはいかないようです。
とはいえドル買い方向で間違いなさそうですので、
93円前半からぱらぱら買いを仕掛けていきたいと思います。
  
ポンド円144円50銭前後での戻り売りが機能しました。
今日も引き続き145円10銭付近の200日MAをバックに
戻り売りを狙っていきます。
200日MAを越えたら即撤退し、途転ロングに切り替えます。
  
豪ドル円豪ドル円は引き続き様子見中。
また87円台まで行ってしまいました。
がこういう展開は慣れっこです。
待つときは待つ。
87円中盤のレジスタンスラインを越えてきたら考えを変えたいと思います。


参考になったと思われた方は1ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
タグ:FX
posted by しー at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

まだまだ不安材料一杯

昨日の欧州タイム序盤は、中国の利上げはなしとの一報が入り
円安へ向かったのかと思いきや、
「民主党デフレ脱却議員連盟から購買力平価を参考に120円台を要望」
というニュースが伝わり、これが円安誘導の材料となったようです。

「ドル円120円ってそんなアホな」
と思いましたが、その後この水準は修正の対象となったようで、
円安一段落後は再び揉み合う状況となりました。

また18時から予定されていたギリシャ国債の6ヶ月、1年物の入札は、
予定分は無事消化され、7.8億ユーロずつの落札となりました。
(予定では6億ずつ)

しかし国債金利は異常なほど上昇しており、
ほんとに返せるの?という不安が新たに浮上してきます。

4月中に200億ユーロ、5月中に116億ユーロの借り換えが必要なギリシャですが、
EUとIMFから支援をうけるのは必至。

このまま円安一辺倒にいくとは到底思えません。

今日はクロス円はやや円安気味ですが、
適度なポイントで戻り売りを狙っていきたいと思います。


集中力や効率についてのお話。
「パッと見て・・・」のくだりは「そうそう」と思いましたw

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (3位 為替兎の・・・)






<今日のポイント>
私の体調が復活するか?(笑)
ポンド円144円台の前回高値での戻り売りは有効か?

ドル円92円50銭まで下落しましたが、民主党が余計なこと(失礼)
を発表して下げ止まってしまいました。
どうもテクニカル通りにいきませんね。
日足転換線は下向きに傾き始め、MACDも下向きになりつつあるので、
ショート狙いは引き続き続けます。
93円70銭を越えてこない限りは戻り売りとします。
  
ポンド円ポンド円もあっちに行ったりこっちに行ったりと
わかりにくい状態が続いていますが、基本は戻り売りを狙います。
200日MAは145円10銭付近まで切り下がってきており、
144円台に乗せてきても止まる可能性大?
144円台からぱらぱら売りを仕掛けていきたいと思います。
  
豪ドル円豪ドル円は引き続き様子見中。
今朝のチャートを見ると底堅いとも見えますが、
昨日のお昼の時点では下落トレンド開始か?
ともとれる形でした。ここまで戻してくるとはさすがオージー。
でも頑固に85円から84円台までの手を出さないつもりです。


参考になったと思われた方は1ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
タグ:FX
posted by しー at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

ダブルトップ成立となるか?

私は仕事上1日中パソコンに向かい合って
ソースコードや仕様書、テストシート、メールなどを書いているので、
文章を書くことが多いです。

なので以下に効率的に文章を書くか
ということが仕事時間の短縮につながります。

細かい例をあげると、IMEやATOKの辞書登録を使って、

「あ」で変換すると、「ありがとうございます」
「お」で変換すると、「お疲れ様です」
「よ」で変換すると、「よろしくお願いします」

などとよく使う文面を登録しておくと、ストレスなく文章がかけたりします。

まぁ私はIMEのバカ変換にいやけがさしているので、
ATOKの予測変換が凄く重宝しているので、
そちらでストレスをなくしていますけど。
 ⇒ ATOK 2010 for Windows

ちなみにATOKは月額300円版もあるので、こちらがお奨めですね。
(私が買ったときはこんなサービスはなかったんですー)
何はともあれ評価版で試して見るのがよいでしょう。
 ⇒ ATOK定額制サービス

さらにキーボードもFILCOのメカニカルタッチキーボードにすると
文章入力が楽しくなります。

このキーボードはマジでお奨め。
文字を打つということに対しパラダイムシフトが起きると思います。
 ⇒ FILCO Majestouch 日本語108キーボード・かなあり・黒

あと欲しいのはマウスですねー。
マウスだけがまだしょぼいまま・・・。
 ⇒ ロジクール パフォーマンス マウス M950



FRB理事達の発言と今後のドル金利の行方。
「凄い」の一言です。詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (85位 為替千里眼)




さて為替のほうは朝から円高優勢となっています。

今朝の9時過ぎのクロス円底割れのような下落は
リアルタイムでチャートを見ることが出来る人とっては
大チャンスの下落だったのではないでしょうか。

ポンド円は143円20銭前後から142円30銭付近までダイブし、
ショートの醍醐味を味わえたと思います。

↓の「今日の狙い目」はいつも8時30分頃に書いているので、
お昼更新までに結構相場状況が変わってしまうことがあり、
朝一に更新できたらいいのに、と思ってますが、
やはり朝一更新のほうが良い!といった需要のほうが大きいのでしょうか?

今日は兵ブロガーのコラムにも書きましたが、
ギリシャ国債の入札に注目しています。

ここまでの円高はもしかすると札割れを想定したリスク回避なのかも知れませんが、
(まさかねぇ)今日は素直にショートでついていきたいと思います。

その他細かい指標がいくつも発表されますが、
いずれもBクラスのためあまり注目はしてません。

4月まではレンジアップの上昇。
4月5日の週は高値から調整反落し下げ止まり。
4月12日の週(今週)は再度上値トライするも抜けきらずに再反落。

というところまで来ていますが、
今後は先週下げ止まったところで再び止まればレンジ相場成立。
下抜ければレンジ分の下落の可能性あり。

という両視点でみていくことにしましょう。
後者なら綺麗なダブルトップということになりますね。

まずは先週サポートラインまで下向きということで、
今日は比較的自信を持ってショートで入れそうです。


ドル円92円前半には↓に書いた以外にも止まりそうな要因があるようです。
なるほど〜。色々なラインが集まる92円前半に注目!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (34位 新・脱サラ女・・・)






<今日のポイント>
ギリシャ国債入札の行方
先週安値を突破するのか、反発するのか?

ドル円前回安値の92円80銭を割ることなく、
欧州タイム以降は値動きの少ない1日でした。
朝の時点では方向感がなく、動きも少ないため様子見か
と見ていましたが、下落してきたのでショート狙いにします。
先週安値突破でもう一段の下落があるでしょうから、
92円前半まではショートでついていきます。
92円20銭付近には基準線と61.8%ラインがあるので、
利食いポイントとなりやすそうです。
  
ポンド円日足チャートを見ると上ヒゲが2本のチャートがあり、
直近高値付近ということもあってここから高値更新していくようには思えません。
144円台から143円後半にかけて戻り売りを狙っていきたいと思います。
が、すでに142円中盤まできてしまったのでかなり出遅れ感あり。
下値の目処は141円60銭とみているので、まだ十分ショートの余地はありますが、
経験上乗り遅れてエントリしたときにうまくいったことが少ないので
ちょっと様子見しておきます。
  
豪ドル円豪ドル円は引き続き様子見中。
1時間足の雲を下抜けちょっとだけ下落が加速しましたが、
まだまだロングで手を出すのは早すぎます。
先週安値の85円60銭前後までは最低でも待ち、
さらそこからの下落も視野にいれておきます。


参考になったと思われた方は1ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
タグ:FX
posted by しー at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

対円各通貨の今週のイメージ

今朝はEUR/USDが200pips近くの上向き窓明けで始まりました。

週末のうちにギリシャ支援についての具体策が合意されたことで
この窓明けにつながったようです。

・EUからは最大300億ユーロ、期間3年の融資を提供する
・金利は約5%

ということでギリシャが求めている内容をカバーしています。

ここまで大きな窓明けは珍しいというか驚きました。
これまでのユーロ売り玉の解消がドカンと進んだようですね。


毎週末に書かれているその日毎のイベントカレンダーとそのコメントは必見です!
今週は、ドルに注目!ということですかね?詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (83位 為替千里眼)




まずは月曜日恒例、兵ブロガーの週間予想を見てみましょう。
先週は2:5で円安派が優勢でしたが、
私は少数派の円高予想としていました。

先週開始時点ではドル円が高値一杯だったので、
これ以上のドル円上昇は難しいのでは?とみての円高予想でしたが、
ほぼイメージ通りの天井うちから調整下落となってくれました。

さて、今週も波乱の幕開けとなった月曜日ですが、
今週はどちらにいくか予想するのは難しいですねぇ。

というよりレンジ相場をイメージしているので、
円高か円安かの2択は難しい、といったほうが正確でしょうか。

ギリシャ支援が決まってリスク回避モードは解消にむかうでしょうから、
円が買われる理由が薄くなるので、どちらかというと円安に向かうと見ていますが、
他の兵ブロガーの方々の予想はどうなっていますでしょうか?
 ⇒ 兵ブロガーの週間予想


今週はドル円については比較的イメージしやすいです。
(92円台のどこかで下げ止まって、その後揉み合いから上昇へ)

ポンド円については5/6の総選挙に向けて与野党の票集めがどうなるかなど
不安定要素が大きいので一方的なトレンド相場は想像しにくく、
上昇しても前回高値が精一杯と見て戻り売りベースとしておきます。

豪ドル円は87円の高値圏を越えるには材料不足となってきています。
4.25%まで上昇してきた金利の残りの上昇余地は1回〜3回程度。

3回(0.25%×3=0.75%)の利上げがされるのが確実となると、
もう少々余地がありそうですが、そこから先はさらに材料不足となり一服
しそうですので、中期的に見ても90円は届かなそうです。

ユーロ円は今朝のユーロ買いで大きく跳ね上がりましたが、
長い目でのユーロ買いトレンドがでてくるには
まだまだ値固めと不安要素の解消が必要そうですので、
そのうち頭が抑えられそうです。

本日は指標イベントは特になし。

今朝のユーロ買いの窓埋め動向が気になりますが、
ユーロは窓埋めショートといくか、押し目待ちロングといくか、
欧州タイムでは前者、NYタイムでは後者を狙っていきたいと思います。

あ、そういえば今朝の窓明けですっかり話題をかっさらわれてしまった
人民元の切り上げについてもニュースがでてきたときは注意しておきたいと思います。


ポンド円のフィボナッチを改めて確認しておきましょう。
長い足で見たときと短い足で見たとき、どちらを根拠にするかで
予想は大きくかわってきます。

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (43位 侍おやじの・・・)






<今日のポイント>
ユーロの窓埋めが成立するか?
ポンド円高値間近で戻り売りで勝負できるか?

ドル円下に窓明けして始まった今週ですが、
まずは先週安値の92円80銭を割るのを確認し、
92円前半で底固めしてきてから動きだしたいところ。
92円20銭付近の基準線を目処にロングを狙っていきたいと思います。
  
ポンド円ポンド円はドル円とは対照的に上に窓明けて始まりました。
ポンド円は144円台をバックに戻り売りを狙いたいところ。
英国は選挙モードに突入ということで一方的なトレンド状態にはならない
とみてレンジ相場として前回高値付近での逆張りを意識しています。
  
豪ドル円豪ドル円は引き続き様子見中。
高値圏の87円台なので手の出しようがありません。

タグ:FX
posted by しー at 12:35| Comment(0) | TrackBack(1) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

典型的な状態です

下の娘(1歳)が夜になるとゲホゲホ咳き込み、しまいには吐く
という状態が1ヶ月以上続いていましたが、
病院にいったら喘息だと診断されました。

朝と寝る前に薬の吸引をするのですが、毎回大泣き。
薬を飲んでも大泣き。結膜炎も併発していたので目薬しても大泣き。

でも夜に吐くのはなくなってきました。
この調子で良くなれ〜、がんばれ〜。


「現状のギリシャ動向を含めたユーロ圏の懸念とユーロ動向を絡めた展望」
ん〜かっこいい一文です。内容も一読の価値ありです。

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (76位 為替千里眼)




ガイトナー米財務長官が訪中し、
それに呼応する形で人民元の切り上げのニュースがNYタイムズからでてきました。

数年前も人民元の切り上げが話題になったことがありましたが、
当時は円高ニュースとしてヒヤヒヤしていたもんです。

今回のこのニュースは戻り売りの絶好のチャンスということで
ショートを狙っていきたいと思います。

ところがそう単純じゃないのが為替の世界。

昨日まではギリシャ懸念が再燃し、再びリスク回避モードとなりかけましたが、
ギリシャの第1四半期の財政赤字が40%削減されたことや、
トリシェ総裁が記者会見で「ギリシャのプランはいいじゃん」発言がでたり、
ギリシャ経済相が「デフォルトになることはない」などの発言がでたりと、
リスク回避を回避する動き(円安)となりました。

しかしギリシャ債の償還は本当に大丈夫?という不安は残っており、
ギリシャ債CDSがアイスランドで破綻したときのCDSを上回っている
という市況を見ると「やっぱりやばいんじゃね?」と考えてしまいます。

というようにファンダメンタルズばかりに目を向けていると、
結局どっちなのよ?!と分からなくなってしまう典型的な状態になったので、
今日は正直「よくわがんね」ということで様子見します。

週末リスクとして前述の人民元切り上げの正式発表もありますし、
午前中の動きはどっちつかずでわかりにくいですし、
今日は勝負する日ではなさそうです。


こういう日はガツガツとスキャルするのではなく、
のんびりと指値で待ち構えておきましょう。
ドル円の待ち構え水準はこちらが参考になります!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (37位 共に学び・・・)






<今日のポイント>
人民元切り上げ正式発表待ち。
昨日の上昇分を吐き出す下落狙い?

ドル円92円80銭というよくわからないところで下げ止まり、
ここからは揉み合いへと移行するかが気になります。
今日は上か下かわかりにくいのでとりあえず様子見しておきます。
方向が見えたら軽めについて行きたいと思います。
  
ポンド円ほぼ予測通りの141円前後で下げ止まり一旦反発中です。
141円前半でロングできれば最高の形となりました。
今日は143円60銭付近の61.8%ラインを目処にまずはロングで。
勢いがあれば高値の144円中盤から後半まではついていきます。
値動きが乏しく揉み合いしているようであれば様子見します。
  
豪ドル円豪ドル円は引き続き様子見中。
85円40銭に届かず再び86円台に行ってしまいました。
打診買いをしてもよい水準だったのでちょっと後悔。
次のチャンスを待ちます。

タグ:FX
posted by しー at 12:28| Comment(0) | TrackBack(2) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

変化してきたセンチメント

兵ブロガーでお世話になっている外為オンラインさんから
嬉しいキャンペーンのお知らせです。

20万口座達成キャンペーンということで、
ポンド円と豪ドル円のスプレッドが縮小されています。

原則固定スプレッドなのでこれは嬉しいですね。
ますますデファクトスタンダード的なトレード環境になってきました。

これからFXを始めようと思っている方は、
まずはこちらの口座を作れば間違いはないでしょう。
 ⇒ 外為オンライン


ドル円は目先天井を確認した宣言でました。目先の日柄もチェックして
そこまでは売りでOKかな?詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (42位 共に学び・・・)




昨日は東京タイムから欧州タイムにかけて、
調整から揉み合いへと移行するかのような上昇の後、
再び下落モードへと変わり、時間帯によって目まぐるしく展開が変わる
という1日でした。

ですが終わってみれば上ヒゲ陰線計上で短期上昇トレンドは終了を確認。
再びギリシャ関連のリスク回避モードに移行しつつあるので、
豪ドル円以外のクロス円はショートベースがいい感じの状況です。
(くどいようですが私は豪ドル円だけはショートはしません!)

午前中には豪雇用統計がありましたが、
ほぼ予想通りの+1.96万人という結果でした。

プラスの結果だったということで反発上昇も期待されましたが、
86円50銭付近からそれほど上昇することはなく、
お昼現在もその水準に張り付いています。

底堅いというよりは、下げ渋っているという印象です。

先週のセンチメントは「アゲアゲ」の「イケイケ」でしたが、
今週からは「オヤオヤ?」の「サゲサゲ?」といった感じですので、
今日も基本はショートを狙っていくことにします。
(まだ?がついているのがポイントですかねw)

欧州タイムにはBOE、ECBがありますが、
BOEについては今回はスルーですかね。

英国は5/6(木)の総選挙に関心が集まっており、
英中銀としてはここは動いてこないでしょう。

ECBのほうはここ数日弱くなっているユーロについての言及に注目です。

ギリシャ支援関連についても当然ながら注目なのですが、
ユーロ安に追い打ちをかける内容が飛び出すと、
EUR/USDは前回安値の1.3250割れを試したりなんかして
と色々なシナリオを想像してます。

最近は夜のトレードができない状態が続いていますが、
今日は22時台まではなんとかトレードしたいと思います。


ポンド円は逆三尊の形か?これはもしかすると・・・。詳細はこちら!
 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (40位 侍おやじの・・・)






<今日のポイント>
ギリシャ懸念の再燃により再びリスク回避モードへ?
ECB後のトリシェ総裁の記者会見(ユーロ安容認発言などがでるか?)

ドル円昨日は94円まで一時的に戻してきましたが、
その後は反落して93円中盤の転換線を割り込んできました。
これでもう一押しありそうな展開となっています。
92円90銭が先日上げ渋ったレジスタンスラインなので、
まずはここでサポートされるかを見ておきます。
が、さらに下落を想定し、92円15銭付近の基準線と20日MAが重なる地点
まではショート狙いでいきます。
  
ポンド円141円10銭付近には転換線、雲の上限、20日MAなど
ポイントとなるテクニカルが集中しています。
そこまでの下落はついていきたいところ。
下げ止まればダブルトップ目指して再上昇するかも期待できますが、
そこからどうでるかはギリシャ懸念次第ということで成行に任せます。
  
豪ドル円豪ドル円は引き続き様子見中。
上ヒゲ陽線を計上し天井が確認されたようなものです。
まずは85円40銭、次に84円30〜50銭付近までの下落を期待します。
そこからはロングを拾っていきたいと思います。

タグ:FX
posted by しー at 12:27| Comment(1) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

下落+反発⇒揉み合い?

昨日はポンド円が調整気味に142円付近まで下落してきました。
「今日の狙い目」に書いてある通りの動きで
ちょっと気味が悪かったのですが、
たまにはこういうことがあってもいいですよね?
(たまにだと精度悪すぎってことじゃーんw)

今日の精度はどんなもんでしょうか?
下げたり上げたりと難しそうですが、
今日もがんばってお送りしていきたいと思います。


トレードにおける目標について熱く語られています。
私も1日25pipsという目標を持ってますが、絶対達成しなきゃいけないノルマ
とは考えていません。このお話、非常に共感できます。詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (4位 為替兎の・・・)




まずはFOMC議事録について。

FOMC議事録では「早期利上げはリスクと認識」ということで
早期利上げ観測が後退してややドル売りにつながっています。

4/5に公定歩合引き上げについての話し合いが行われていましたが、
翌日の発表もなかったため、これからは調整下落がもう少し続きそうです。

また、雇用統計やマクロ系指標の回復が結果として表れてきていましたが、
FOMCでは物価の上昇が利上げを行うかどうかの重要なポイントとして
見ているようですので、今後米CPIの結果が注目されそうです。

といってもこれは本来の判断基準って感じですけど。

次に本邦BOJ政策金利について。

いつもは12時30分〜13時ごろに発表のあるBOJですが、
本日は12時過ぎ早々に0.10%据置きとの発表がありました。

前回は新型オペで珍しく注目の集まったBOJでしたが、
今回はいつも通りのスルーイベントとなりました。

午前中は円売りがすすみ、調整反発状態となっていましたが、
12時ごろに止まったのはもしかしてBOJのおかげだったのでしょうか?

今日の欧州タイムはユーロGDPやPMIがありますが、
あまりきっかけとはなりそうにないですので、
テクニカルに従って勝負していくことにしましょう。


豪ドル円についての見通しについて、私も同じ見通しです。
しかし87円に回復してくるオージーくんは強すぎるぞ!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (63位 豪ドル見通し・・・)






<ポイント>
調整がどこまで深いか?
午前中の反発は本物か?(戻り売りのチャンス?)
ドルの行方は?

ドル円陰線を3本計上してきました。
まずは93円40銭付近の転換線までの下落を確認し、
そこから反発するかどうかを見ておきたいと思います。
が、公定歩合引き上げはなかったようなので、
上昇を牽引するネタに乏しいので、92円前半までいくかも知れません。
94円20銭付近は先日ちょっとした壁があった地点なので、
ここでの戻り売りを狙いたいと思います。
  
ポンド円141円台までは届かなかったものの、
ほぼ狙い通り142円前半でのロングが機能しました。
下ヒゲが伸びた陰線となり、今日明日はBOE待ちということで142円〜144円の
レンジで揉み合うかも知れません。
143円後半での戻り売りと142円前半での押し目買いを狙います。
押し目買いはストップはタイトにして、さらなる下落があれば
途転ショートでついていきましょう。
  
豪ドル円豪ドル円は引き続き様子見中。
RBAでは0.25%の利上げがされて豪ドル買いで反応しました。
私的には予想を裏切られた形ですが、
引き続き押し目を待つことに変わりはありません。

タグ:FX
posted by しー at 12:38| Comment(4) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

ショーターの出番です!

各地で続々と問題視されているこども手当ですが、
何がまずいのか知らない人はこちらをご覧ください。

ただ文句を言うだけになりそうだったので話題に出さないつもりでしたが、
クリック広告支援ならできますので、
危機感を感じている方はクリックしてあげるといいかも。
 ⇒ こども手当再審議要求デモ@ウィキ


RBA政策金利はどうなるかわかりませんが、
下落した場合でも谷はそれほど深くないかも?詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (87位 為替千里眼)




昨日は欧州勢がいなかったものの、
NYタイムにはISM非製造業景況指数が発表され、
予想以上の結果となってさらに円安が進行しました。

しかしこのまま突っ走らないのが為替の不思議なところ。

ドル円は95円乗せに失敗して現在は94円台前半まで調整されてます。

ポンド円も145円が意識されたのか、
144円後半で頭打ちしてこちらも調整ムードとなっています。

日柄から見てもここらで調整が入るのは必然のようにも思えます。
(半分結果論ですけどw)

144円60銭でショートしたポジションは、
久しぶりによい結果をもたらしてくれました。

さて、本日はこの後RBA政策金利の発表があります。

利上げするのか、据置きなのか?

どちらに転ぶのか不確定ではありますが、
利上げされた場合はSell the Fact
据置きとなった場合は利上げ織り込み組の失望売り
となってどちらの結果でも豪ドル売りとなるのではないかと考えてます。

またギリシャ関連のニュースとして、

「ギリシャはIMF支援を回避するためにEU首脳会議での合意の修正を求める」
「ギリシャの富裕層や企業が海外へ資本逃避させており、ギリシャの銀行が打撃を受けている」

といった情報がでてきています。

これらは再びリスク回避へと引っ張られる要素ですので、
調整ムード+リスク回避再燃となると、
これまで一気に逆転した円ショートポジションが巻き戻され、
調整以上の下落に発展する可能性もあるかも知れません。

今日以降はショーターの出番かも知れませんね(わくわく♪)


ポンド円4時間足のMAに注目!
一旦下落するとの見通しのようです。さて押し目はどこかな?

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (44位 侍おやじの・・・)





ドル円高値圏で陰線計上となりちょっと一服してきました。
上昇気流に乗っていたところで軽い調整がやってくるのか、
欧州勢の動きを見てから上か下か判断しましょう。
  
ポンド円昨日は欧州勢がお休みだったため午後から夜にかけては
値動きが少なかったです。今日も引き続き145円50〜70銭の200日線をバックに
戻り売りでいけるかどうかをみていきたいと思います。
下落し始めたら141円程度まではいくと見てますので、
少々乗り遅れてもついていきたいと思います。
その後は押し目買いに戦略転換する予定ですので、
もし142円台で止まった場合はロングに切り替えます。
  
豪ドル円豪ドル円は引き続き様子見中。
少なくとも84円台までは手を出すつもりはありません。
押し目大歓迎です!

タグ:FX
posted by しー at 12:23| Comment(2) | TrackBack(1) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする