応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2010年02月26日

反発ロングをローリスクで獲る方法

昨日は大きな円高デーとなりました。

東京タイム、欧州タイムと断続的にリスク回避の流れとなり、
私がNYタイムにトレード開始したころには反発しかかる形となりましたが、
22時30分の新規失業保険申請件数の結果が50万件に近い数字となると
一気に下落モードになりました。

特にユーロ円120円を割れるなどユーロが弱く、次いでポンドも弱いという状況でした。

やはりギリシャの格下げや国民の4分の1の人による大規模ストライキなど、
かなりギリシャ問題が不安材料となっているようです。

昨夜のNYタイムではポンド円の下げが止まらず、
全部獲れれば最高だったのですが、
節目節目で利食いしてはブレイク後に再度ショートエントリという作業の繰り返しで、
さすがに上から下まで全部獲ることはできませんでしたが、
満足のいく結果となりました。

今朝のポンド円も昨日の狙い目通り135円で下げ止まってくれたので、
反発ロングでだいぶ利益確保ができました。

午後から欧州タイムにかけて、さらに反発してくれるとイメージ通りでやりやすくなります。

ある程度反発したら戻り売りに切り替える予定ですので、
踏み上げられないよう注意しておきたいと思います。


ポンド円で209pipsの利益!ポンド円の意識される値がのっているので、
その近辺での値動きに注意しておきましょう!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (40位 侍おやじの・・・)




反発ロングを狙うといっても、
今の状況でロングポジションを長い時間持つのはリスキーです。

私がよくやるのは、以下のような作業です。
(下落モードから反発上昇を狙う場合)

1.1分足が直近のローソク足の高値を更新し始め、20MAを上抜いたらエントリ
2.5pips以上含み益になったら建値ストップに変更

正直5pipsで建値ストップは、かなり早すぎです。

何度も建値ストップにひっかかり利益0となることが多いです。
(実際には1pipsほど上にストップをおいているのでちょっとだけ利益はでてますけど)

しかし諦めずに何度も同じようにトライすれば、
いずれブレイクしてくれれば利が伸ばせる方法です。

逆行してストップ損切りということももちろんありますが、
大きな下落の後にはそれなりの反発があるのが常ですから、
この方法であればリスクを最小限にして利益を出すことができるでしょう。

さて本日の指標イベントは以下のようになっています。

未定  独・2月消費者物価指数(前年比予想:0.7%、1月:0.8%)
16:00 英・2月ネーションワイド住宅価格(前年比予想:11.0%、1月:8.6%)
18:30 英・10〜12月期GDP(国内総生産)改定値(前年比予想:▲3.1%、速報:▲3.2%)
19:00 ユーロ圏・1月消費者物価指数(前年比予想:1.0%、12月:1.1%)
21:00 南ア・1月貿易収支(予想:▲25億ランド、12月:37億ランド)
22:30 加・10〜12月期経常収支(予想:▲85億カナダドル、7〜9月期:▲131億カナダドル)
22:30 米・10〜12月期GDP改定値(前期比年率:5.7%、速報:5.7%)
23:45 米・2月シカゴ購買部協会景況指数(予想:59.7、1月:61.5)
23:55 米・2月ミシガン大学消費者信頼感指数確定値(予想:73.9、1月:73.7)
24:00 米・1月中古住宅販売件数(予想:550万戸、12月:545万戸)

欧州関連の指標は今は過敏に反応する状況ですので、
悪い結果となったら即ショートくらいでのぞんでもいいかも知れません。

また先日新築住宅販売件数が落ち込んだ米住宅指標にも注目です。

新築販売が落ち込んだ分、中古販売は堅調となれば良し。
中古販売も落ち込めばショート。

といった具合で見ておきます。

さぁ、もうすぐ真央ちゃんの出番だ!
がんばれ!真央ちゃん!!


欧州の状況についてテクニカルアナリストの見方とは?
やはりユーロは売り狙いしかないですね。詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (88位 為替千里眼)





ドル円昨日の下落で88円台まで落ち込みましたが雲の下限の89円20銭まで戻してきました。
今日はショートカバーの動きで反発優勢となる可能性があるので、
安値ちょい下にストップを置き、ロング攻めでいってみたいと思います。
  
ポンド円400pips近い大陰線を計上し、ポンド円は大きく下落。
年初来安値を更新してどこまでも下げるかと思われましたが、
135円付近でようやく下げ止まりました。
下げ幅が大きいので止まった後の揺り戻しも期待できそうです。
昨日の下げの半分くらいの137円前半から中盤までの戻しを期待したいですが、
センチメントが悪すぎて137円すら届かないかも?
  
豪ドル円フィボナッチの38.2%ラインを下抜けて78円丁度付近まで下落。
豪ドル円もリスク回避の流れからは逃れられませんでした。
\/\ ←こんな形で下落する可能性がまだあるので、
今日はロングを仕込むのはまだ待ちます。
さらに下げた場合を考慮して23.6%ラインの77円80銭を意識したいと思います。

ラベル:FX
posted by しー at 12:38| Comment(0) | TrackBack(1) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする