応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2010年02月02日

RBA政策金利待ち

ドラクエのカジノでコインを増やすための最も効率的な方法をご存知でしょうか?

ドラクエのカジノには、ルーレットや闘技場などがありますが、
短い時間でグリンガムの鞭を手に入れるにはポーカーがお奨めです。

といってもポーカー自体で増やすのではなく、
その後のダブルアップで獲得コインを倍々に増やしていく
というのが簡単です。

ダブルアップは出ているカードより大きいか小さいかを当てるものなので、
当然ながら中央値の6〜8が出ている場合、
次に大きい数字が来るか小さい数字が来るかを当てるのは難しいです。

しかし1や2、QやKがでているときは、
ほぼ確実に次に大きい数字が来るか小さい数字が来るかを当てることができるでしょう。

言い換えれば、中央値に近いときは勝負しない。
確実に勝てるときだけ勝負する。

たったこれだけですよね。

さて、これがカジノのコインではなく、実際のお金を増やす場合はどうでしょう?

実際のお金でも同じですよね。

1月下旬からサービス開始となった、FXプライムの「選べるHIGH・LOW」をご存知でしょうか?

これは今までにない投資だと思いますが、
考え方はこれまでに書いたことと一緒です。

動きがあるとき(トレンド相場)で流れに従って勝負する。
動きがないとき(ボックス相場)では勝負しない。

これだけでお金が倍々で増えていきそうです。

ちなみに倍率は以下のようになっています。



今週末の雇用統計で好結果が見込めるときは、
高倍率にはるとおいしいかも知れませんね。

これをギャンブルと捉えるか投資と捉えるかはあなた次第。

「選べるHIGH・LOW」はFXプライムに口座を開設し、資金1万円から可能ですので、
グリンガムの鞭を目指して試して見てはいかがでしょうか?

 ⇒ FXプライムの口座開設はこちらから



ドル円の下げ相場は本当に終わったのか?波動論を元にその疑問に答えてくれています。
 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (37位 共に学び・・・)




さてさて、そうこうしているうちに本日のRBA政策金利の時間が近づいてきました。

0.25%の利上げは織り込み済みとはいえ、
80円割れの状態で織り込み済みってねぇ〜
という状態でしたが、昨夜のISM製造業景況指数の後はセンチメントががらりと変わり、
リスク回避モードは解除されそうです。

本日のRBAで利上げし、さらに来月以降も利上げ余地あり
ということになれば完全に豪ドル円は復活することでしょう。

ただ順当なシナリオは、本日は利上げ、来月以降は見送り
となりそうですので、そうなると上昇余地も限られてきそうです。

最悪なシナリオで、本日利上げはなし
となると再び80円割れへとダイブすることになるでしょうから、
あと数分後、どうなるか見ておきましょう。

とここまで書いて12時30分待ち。

この後、欧州タイム、NYタイムは昼間の流れが継続しつつ、
戻り売りを試す動きもでてくるようであれば、
戻り売りを狙っていきたいとおもいます。


(12時35分 追記)

あちゃー、結果は据え置きとなってしまいました。

これを受けて豪ドル円は急落。

81円から80円前半までダイブしています。

この後、声明で来月以降に利上げを持ち越しというのがでてこないと
今後の豪経済指標を様子見するしかないですね。



ドル円ここ数日はやや堅調に推移しているドル円ですが、
90円台の後半をこなせるかがポイントでしょう。
先週の金曜日、昨日と90円90銭台で上げ止まっているため、
プチレジスタンスラインとなりつつあります。
ここを抜ければ91円80銭程度までの上昇が見込めるため、
今日はブレイクを狙った順張りでいきたいと思います。
  
ポンド円一気に下げると思われたポンド円ですがこの状況で陽線をつけてきました。
雲にはばまれ上値は抑制されやすいところですが、
クロス円の流れにのって146円前半までの上昇ができるか、
145円に乗せてくるようであればロングでついていきたいと思います。
  
豪ドル円昨日はユーロ円の流れが変わり、シナリオ通り豪ドル円も反発してくれました。
しかしながらRBA政策金利では据え置きとなり豪ドル円は急落。
79円後半での逆指値ショートは依然として有効となりました。
79円台前半あたりで下げ止まるようであれば買ってもいいかも知れませんが、
止まる前に買うのだけはやめておきましょう。

ラベル:FX RBA
posted by しー at 12:26| Comment(1) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする