応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2010年01月06日

週の前半の戻り売り→○、後半は?

年始2発目の昨日は色々と動きのある1日でした。

欧州タイム、NYタイムとクロス円は順調(?)に下落し、
思惑通りの展開でにんまりでしたが、
24時の米中古住宅販売保留が前月比 -16.0%という数字を見て、
プチ押し目買い狙いは完全に止め、ショート一本に絞ってトレードしてました。

暖まり始めたかにも見えた米住宅市場にブレーキがかかってしまったのか、
11月という中途半端な季節的な要因なのかはわかりませんが、
昨年末のある意味楽観的なドル買いにちょっと待てが入ったように思えました。

国内を見てみるとこれまで色々と物議を醸し出してきた藤井財務相が
体調不良を理由に辞任の意向を表明しました。

後任はまだわかりませんが、管さんが兼任するとの話もあり、
それを見て「いやいや、それはまずいだろ?」とびっくりしてました。

直近だけでなく、10年、20年先を見据えた経済政策のとれる人に就任していただきたいものです。

―――――――――――――――――――――――――
本日は非常に重要な局面?安易なロングにちょっと待った!
これは読んでおいたほうがよいでしょう。

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (4位 FX歴8年目!…)

―――――――――――――――――――――――――

欧州ではアイスランド国債の格下げ問題が勃発。

さらに英国債格下げも場合によっては引き下げられる
といった記事がでてユーロ、ポンドともに続落。

ドルはダメ、ユーロもダメ、ポンドもダメ
となると買われるのはやはり円しかないということで円高進行となっています。

しかし主要国通貨がダメでも、豪ドルなら買い
という選択肢もでてきたようで、豪ドル円は比較的落ち込みが鈍いようです。

ロングを狙うなら豪ドルが最も堅い通貨ということになりますかね。

個人的にはもうちょっと押し目を形成してもらいたいと思っていますが、
今朝の豪・住宅建設許可件数の結果でも豪経済は上向きのようですので、
深い押し目はやってこない気がしてきました。

82円台からは買いの準備を始めたいと思います。

さて、今週の戦略として週の前半は戻り売り、
後半は米雇用統計の好結果を期待した押し目買いと考えていましたが、
今のところ気持ち悪いくらいにシナリオ通りに進んでいます。

今日のADP雇用統計の結果を見て、
金曜日の雇用統計がどちらにぶれるかを確認しておきたいところですが、
年末年始の上昇前の水準まで戻してきた各通貨が、
もう一度短期上昇気流に乗るのかどうか、
今週の残り3日は今のところロングをベースに見ていきたいと思います。

―――――――――――――――――――――――――
サイクル理論による2010年の大まかな相場イメージ(ドル円)
高値は8月ですか、メモメモ。

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (26位 共に学び…)

―――――――――――――――――――――――――

■今日の狙い目

ドル円ドル円の年末の水準は91円前後でした。
その前のレジスタンスラインは90円後半となっていたため、
90円80銭〜91円20銭あたりは、今はサポートされやすい状況だと思われます。
91円前後での押し目買いを狙っていくことにしましょう。
  
ポンド円ポンド円は思惑通りの展開となり今年の初利益は大きなものとなりました。
2段階ショートをとった後は146円前半での押し目買いに切り替えたいところですが、
再び欧州通貨のセンチメントが悪化しやすい状況ですので、
今日は無難に様子をみておいたほうがいいかも知れません。
アグレッシブにいくなら146円20銭付近でロングを狙いたい。
  
豪ドル円引き続き押し目待ち中です。
まだまだ下げてくるはずだと考えていますが、さすがに80〜81円は遠すぎるか・・・。
とりあえず82円後半に達してからどこで買うか判断したいと思います。


2010年も引き続き極狭キャンペーン継続決定!
取引高キャッシュバックをたくさん貰うために今から準備しておきましょう!

 ⇒ DMM FXの口座開設はこちら!



ラベル:FX
posted by しー at 12:41| Comment(2) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする