応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2010年01月29日

マネックスFXで美味しい思いをどうぞ

「ここだ!」

と思って約定ボタンを押した瞬間
(私の場合はボタン上で左クリックを押しっぱなしにしておき離した瞬間)

「レートが異なってしまったので約定できませんでした・・・」

というメッセージがでたときのガッカリ感。

結構大きいですよね。

どんな動きでもバシバシと約定する確率99%以上!

そんな業者があることをご存じでしょうか。



狙ったレートは逃さない。

そんな業者は現在キャンペーン中を行っています。

1.ZAiBookのプレゼント

 これは中身を拝読させていただきましたが、基本から応用までちゃんと説明
 されており、読み応えのあるムック本でした。

 今読んでも「へぇ〜、知らなかった」という内容があり、
 中級者以上の方でも一読の価値ありです。

2.指値でショコラキャンペーン

 ♪わ〜お、ふ〜わふ〜わふ〜わり〜、あ〜まく〜てと〜ろけ〜ちゃう〜

 何の歌かわかったあなたは、幼稚園児の子持ちかアニオタですね(笑)

 指値で20回以上ポジションが約定すると、
 その取引枚数に応じてチョコレートがたくさんお届けされます。

 2月14日を前に、万が一寂しい思いをするようなことがないよう
 このキャンペーンでチョコを貰ってしまいましょう♪


またキャンペーンの他にもうれしいのが、
Webセミナーでお勉強ネタも提供していただける点です。

2/4(木)のWebセミナーでは、次のテーマとなっています。

 前半 - メンタル編
  初心者が陥りやすい「恐怖と貪欲」の罠と、
  不利なバイアスを克服するためのヒントとは?

 後半 - 実践編
  初心者が勝率を5割以上に引き上げ、
  勝ち組投資家の仲間入りするためのいくつかのヒントとは?

メンタル編はとっても興味ありです。


さらにもう一点。

これは本当に勉強になっているのですが、
よくFX業者が発行しているメルマガに登録すると
相場状況などをお知らせしてくれますが、
マネックスFXのメルマガはとにかく中身が凄い!

すでに227回以上発行されており
1/27の内容は「オバマ大統領の新金融規制案とFX相場」というものでした。

色々言われているいる新金融規制案の狙いがよくわかり、
単に株安だから評判が悪い、というものではないことが理解できました。

さらに、「マネックスFX速報」「外為レポート24」など
タイムリーな情報を流してくれるのも嬉しい限り。

こちらのメルマガは無料で登録することができます。

口座を開設するついでに登録しておきましょう!

 ⇒ メルマガ登録と口座開設はこちら!!

マネックスFX
posted by しー at 12:01| Comment(2) | TrackBack(1) | 口座開設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

円高第1波は落ち着いたようです

皆さんはブラウザは何を使ってますか?

普通にIE(Internet Explorer)が多いのかな。

私はIE8は嫌いでして、
マウスアクションで前のページに戻りたかったのでSleipnir(スレイプニル)を使っていました。

が、このブラウザにも欠点があり、ちょっと重い!というのが玉に傷でした。

もっといいブラウザを探していましたが、
FireFoxも気に入らないところがあり、
結局Google Chromeに落ち着きました。

Extensionで色々な追加機能をいれれますし、
タブやマウスアクションはほぼイメージ通りの設定ができました。

なんと言っても速い!

今まで自分のブログをみるときも「重いな〜」と思っていましたが、
Chromeならさくっと表示されます。

イラっとする部分があったら改善していかないといけませんね。
これでストレスなくネットができます。

トレードでも速いと言えばこちらでしょう。
業界随一の約定スピードで、ストレスのないトレードをしたい方は是非お試し下さい!
 ⇒ 最速取引ツールでトレードしたい方はこちら!


典型的な負けパターンの考え方。私も身に覚えがあります(汗)
いいところで切れているので続きが非常に気になる〜!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (13位 為替兎の・・・)




さて、ようやく円高モードが落ち着いてきましたが、
昨夜のFOMCでは連銀総裁が「低金利の長期間維持はもはや不要」と反対意見を出し、
出口戦略への地均し開始か、とみられたかどうかは置いておいて、
ドル買いへと傾斜。ドル円も90円台回復に向けて下ヒゲ陽線となりました。

クロス円も全般的にひとまず底打ちをしたようで、
第1波のボトムを確認する状況に移ってきています。

今後第2波のダブルボトムの形成となるか、V字回復となるかは、
来週の政策金利週間と米雇用統計次第となりそうですが、
今日はまずはショートカバー&反発ロング狙いをしていくことにしましょう。

またEUR/USDは1.4000を割り込み、一時えらいことになりかけていましたが、
1/22(金)の記事で紹介したEUR/USDの下値目処をトライするのかも?

ECBのどなたかが、ユーロは過大評価されている、とつい最近も発言していましたが、
1.4000付近に戻した反発が続かないようであれば
1.3800トライが現実のものとなりそうです。

節目付近でのブレイクは楽して勝てるチャンスですので、
おいしいチャンスは見逃さないようにしましょう!


フォー○ンドフォレックスが新規受付停止の理由とは?
三菱○○ーチャーズネットも廃業。詳しくはこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (90位 真実を伝える・・・)





ドル円FOMC後にドル円は上昇し下ヒゲ陽線を計上。
FOMCという一大イベントをこなしたことにより、
リスク回避モードもひとまず落ち着きそうです。
今日は反発狙いのロングで行ってみたいと思います。
  
ポンド円雲の下限を割り込みはしたものの144円台でサポートされ146円台へ。
モメンタムも伴ってきており反発ロング勝負でいきます。
145円台の前半で買えればラッキー。
中盤から後半からも買い狙いで。
  
豪ドル円一時79円台まで落ち込みましたがなんとか踏みとどまりました。
80円前半で仕込んだ玉をどこまで引っ張れるかですが、
昨日の高値81円を越えてくるようであれば81円80銭付近まで粘りたいと思います。


2010年も引き続き極狭キャンペーン継続決定!
キャッシュバックはこれまでの分を合わせて5万円ほど受け取りました♪

 ⇒ DMM FXの口座開設はこちら!



ラベル:FX
posted by しー at 12:33| Comment(2) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

最近の円高材料、円安材料

昨日の東京タイムから欧州タイムは上に下にの大暴れでした。

「中国当局が一部の銀行に対して預金準備率の引き上げを指示した」
というニュースがでて円高へ。(本日、当局はこの噂を否定)

S&Pが「本邦の見通しをネガティブにする」
と発表したことから円安へ。

英GDPが予想より悪い結果となり円高へ。

これだけ見てもあっちこっちと流れが変わり、
大きな流れに影響を与えるものはなんなんだ?!
という状況です。

ここで最近の材料を整理してみました。

円高材料
 ・中国預金準備率などによる引き締め政策により経済成長ストップ懸念
 ・ギリシャなどの債権格下げ問題
 ・英GDPの事前期待ほどの回復はなかった失望感

円安材料
 ・日本国債の格下げ懸念
 ・朝鮮半島のドンパチ

探せばもっとあるでしょうが、ここ数日でぱっと思いつくのはこれくらい。

注目は日本国債の格下げ懸念です。

国債発行額が44兆円を越え、日本の借金は2010年度末には973兆円になります。

1000兆円が危険ラインとも言われており、
2011年度にはこのボーダーラインを突破することがほぼ確実でしょう。

長期的に見ると2010年後半から2011年は国債がやばい
ということになり円売りが盛んになると思われます。

といっても大事なのは「今日、明日はどうなるんだ?」
という点なのは言うまでもありませんが、
2010年は上記のように円は爆弾を抱えている状態なので、
いつ円安がどかんと進行してもおかしくない
ということは頭の隅に置いておきたいと思います。

いまだに円が安全資産と言われてリスク回避の対象となっているのが
理解に苦しむので、かなり右よりな考え方かも知れませんけど♪


勝てる人と勝てない人の違い。このブログを読んでちょっとハッとしました。
常に勝ち組の思考回路でいられるようにしておこう!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (12位 ☆あややの・・・)




さて、本日も朝からリスク回避モードで円高気味ですが、
唯一、豪CPIが予想以上の結果となり堅調です。

来月のRBA政策金利での利上げ期待が高まり、
80円の節目&雲の下限でサポートされそうな状態です。

ロングで対応するなら豪ドル円しかないですね。

ここは大勝負を仕掛けても良い場面かも知れません。

いっちょ100枚トレードでも行ってみようかな?

・・・いや、まだやめとこ(汗)


ドル円雲の上限89円15銭に向けて下落中です。
89円20銭付近には09/11/27の84円79銭と01/08の93円78銭の半値ラインがあり、
ひとまずここが下値の目処となりそうです。
そこを抜ければ次は88円前半がターゲットとなるので、
ショートの順張りを狙っていきたいと思います。
  
ポンド円雲の下限でなんとか踏みとどまっている状態ですが、
昨日の英GDPがあまりよくなかったため一時的に期待を裏切られたポンド売りが
優勢となりそうです。さらに下落すると次のターゲットは142円付近が浮上。
こちらも順張りショートが順当でしょう。
  
豪ドル円80円の大台で薄氷のサポート中。
豪ドル円については、そろそろ反発か?という思いがありますが、
今朝の豪CPIの結果が予想より好調だったため、反発の可能性が高まりました。
今は全体的なセンチメントが悪いので他通貨に足を引っ張られていますが、
来月の2/2のRBAに向けて上昇してくると考えます。


2010年も引き続き極狭キャンペーン継続決定!
キャッシュバックはこれまでの分を合わせて5万円ほど受け取りました♪

 ⇒ DMM FXの口座開設はこちら!



ラベル:FX
posted by しー at 12:33| Comment(1) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

指標トレードのやり方を解説

昨夜はあまり積極的にトレードできませんでした。

エントリは2回のみ。

どちらもポンド円の戻り売り狙いでしたが、
1回はエントリ後に建値+1pipsにストップを移動し、
大きく下落することなくストップにひっかかりました。

もう1回は23時台24時台にかけて、米中古住宅販売件数を狙いました。

結果は大幅に悪い数字となり下落は必至。
ここは楽勝でとることができました。

この24時直後の動きは、指標により動きがあるときの典型的な動きが
あったのでちょっと細かく掘り下げてみたいと思います。


一目均衡表を見るとドル円の方向性がよくわかりますね。
今日の動きはどちらでしょうか?わかりやすい解説はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (7位 母の人生・・・)




24時直前の時点ではポンド円は145円80銭〜90銭をうろついていました。

24時発表直後。

一瞬145円70銭付近まで下落します。 ・・・@

しかしその後145円85銭付近まで再浮上。 ・・・A

そこから本格的な下げが始まり、145円50銭辺りまで下落しました。 ・・・B

もし指標直後のスキャルを狙うのであれば、
エントリするところはAとなります。(今回の場合は当然ショートですね)

@の下落には我々個人投資家の情報源ではほとんど間に合わないでしょう。

少々前であれば、DMM FXは@の下落が遅延して間に合っていましたが、
最近はがんばっているのかレートが即配信されるのでまず間に合いません。

しかし@の動きを見て、まだニュースサイトを確認せずとも、
「結果は悪かった」と想像することができます。

@からAの上昇は、スキャル派の人がショートを利食いした超短期上昇とみれます。
中には押し目とみてロングした人もいるかも知れませんが、その人は負け組ですね。

Aは指標発表前の水準とほぼ同じ地点。

ここからさらに上昇しなければ指標は悪い結果のみと判断し
ショートエントリを敢行!

ここでの注意点は、指標によっては好悪混在で下にも上にも動く場合があるので、
そういった指標時は迷ったらスルーしておきましょう。

Aでショートポジションを持った後、
@を越えて下落したらもう安心です。

建値にストップをおき、あとは自分の目標pipsや下げ止まりを確認した時点で利食いすれば、
あっという間に30pipsゲット!

いつもうまくいくとは限りませんが、
昨日は単独の指標でしたし、結果と値動きが素直だったのでやりやすかったと思います。


ポンド円の買い地点はここだ!ポジションを持ったら利食いポイントも
解説されているのでこの通りやれば大きく利幅をとれそうです。

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (29位 侍おやじの・・・)




さて、本日のこれからの動きはまた微妙になってきました。

午前中の動きを見れば、「今日は反発上昇か?」と見えましたが、
「一部の中国の銀行が預金準備率の引き上げ指示受け、本日実施へ」
というニュースがでてきたことで再び円買いへ傾斜しています。

今回は肩すかしではなく、本当に実施されるのかも知れません。

となるともう少し円高モードが続くことになりそうですが、
その後は再び反発地合いに戻る可能性が今朝の動きにより高くなったので、
今回は押し目と捉えて落ち着いたら勝負していきたいと思います。


ドル円ドル円は90円30〜40銭で上値が抑えられ値動きが乏しい状態です。
もし90円50銭を越えてくるようであれば90円90銭の転換線までは行けそうですが、
今朝の動きを見る限り、まだまだ上値は重そうです。
それほど大きく動きそうになく、リスクだけが高いので、今日も様子見します。
  
ポンド円昨日は先週末の下落を打ち消す陽線を計上。
これでちょっとわかりにくくなってしまいました。
午前中はは一時147円台まで上昇しており、このまま反発地合いに入るか注目。
再び145円台に落ち込んできた場合はロングで攻めたいと思います。
  
豪ドル円昨日のNYタイムの動きを見るとやや反発した分をはき出して
下落に向かうかとも見えましたが81円前半で下げ止まって82円台へ。
手を出しにくい状況なので勇気がある人は81円前半から買い向かってみるのもよいかも。
様子を見るなら今日と明日の値動きを見てからでも十分間に合うと思います。


2010年も引き続き極狭キャンペーン継続決定!
キャッシュバックはこれまでの分を合わせて5万円ほど受け取りました♪

 ⇒ DMM FXの口座開設はこちら!



ラベル:FX
posted by しー at 12:32| Comment(1) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

ウラをカケ

昨日の日曜日は岡崎のわんわん動物園に行ってきました。

下の娘が特にわんこが好きで、喜ぶかな〜?と思って連れて行ったのですが、
ふれあい広場に入るとちょっと引き気味で泣き出しそう。

でも次第に慣れていき、いつものようにわんこと戯れていました。

その後は知立の大あん巻きを買いに行き、
刈谷のSAで夕方まで遊んできました。
(東海地方ローカルネタですみません〜)

2週間前の入院騒動以来、こういったお出かけはしていなかったので、
ゆっくりと休日を満喫することができました♪

今日からは仕事とFX、がんばっていきたいと思います!


何?!89円40銭のサポートラインを下抜けると、そんなところまで下落するの?
EUR/USDの戦略についても情報あり。詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (35位 共に学び・・・)




まずは兵ブロガーの週間予想から行きましょう。
先週の円高状況を見ると、今週は円高予想をされている人が優勢だと思われますが、
実際はどうでしょうか?
 ⇒ 兵ブロガーの週間予想

メイントレード通貨であるポンド円と豪ドル円ですが、
今週はそれぞれ注目指標があるので、いつも以上に目が離せません。

ポンド円を大きな視点から見てみたいと思います。

(GBP/JPY 週足)


図はGBP/JPYの週足です。

今週は円高方向へ動きやすい週となりそうですが、
どのラインまで下げるかターゲットゾーンを○で囲んでみました。

週足ボリバンとパラボリック、118円〜163円の半値押し
前回、前々回の安値が集まる139円後半から140円中盤のポイントは
おそらく誰が見ても気にするポイントでしょう。

ということはプロやヘッジファンドはこのポイントでどうでてくるか?
というのを考えておかねばなりません。

ここを下抜けたら恐怖心によりさらに売られるであろう
ということを見越してさらにショートを仕掛けてきた場合、
投げ売りストップのあとはショートカバーにより反転する
というシナリオになります。

これがオーバーシュートということになりますが、
前回安値の139円前半からさらに一時的に下落する可能性もある
と考えておきたいと思います。

運良くこのポイントで下げ止まり反発に向かった場合は、
我々個人投資家は喜び勇んで買い向かうでしょう。特に私は(笑)

そこをプロは売りたたき、ダマシだと見せかけて下落に向かわせ、
その後やっぱり反発上昇する、という狩り相場となる可能性もあります。

この場合の対処としては、「じっくり待て」ということになるわけですが、
第1波の反発上昇は長続きしないことが多いので、
そこは見送ってダブルボトムを待ってから手を出すようにすればよいでしょう。

とここまで書いて、こういうのは考えることが楽しいのであり、
実際にそうなるかどうかなんて全くわかりませんので、
1つのシナリオとして参考にしておいて下さいね。


ポンド円の雄、今週のシナリオです。
方向としてはやはりそちらですか。詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (33位 侍おやじの・・・)




さて今朝の動きですが、ユーロにとって一番の不安材料であるギリシャについて
救済案が浮上との報道を受けてからユーロがやや回復。
それに連れて豪ドル円も買い戻しが入っているようです。

またバーナンキ氏の再任もクロス円買いにつながっているようで、
今日はこのまま反発地合いとなるかに注目のようです。

本日は24時の中古住宅販売件数以外には大きな指標はないので、
それぞれの時間帯の参加者の思惑を想像しつつ、
テクニカルをみながら仕掛けていくとしましょう。

欧州タイムが始まるころには戻り売り優勢となるかな?
もしそうなれば参戦できるNYタイムには今日の安値を更新するのか
再び反発するのかを見ながら流れに乗っていきたいと思います。


ドル円ドル円、クロス円共に窓明けとなりましたがすぐに窓埋めとなり
反発しそうでしない状態にありそうです。
午前中の動きを見るとクロス円がやや買い戻しされているので、
ドル円も底堅く推移しそうですが、あまり底板は厚くなさそうです。
今日は様子見しておきます。
  
ポンド円ポンド円は午前中だけで下ヒゲをつけて反発地合いが見えます。
雲の下限でサポートされ最大146円前半までの反発は期待できるかも知れません。
その後は戻り売り優勢となるのではないかと思います。
ロングでもショートでも利食いは早めにしておきたいと思います。
  
豪ドル円雲上限80円90銭でサポートされた形となっており、
ここからの下落にはクロス円全体的なリスク回避の力が必要でしょうか。
81円00銭前後でロングを仕込みたいところですが、
80円後半にはストップをおいておきます。
もしヒットできれば81円後半には一旦利食いたいところ。


2010年も引き続き極狭キャンペーン継続決定!
キャッシュバックはこれまでの分を合わせて5万円ほど受け取りました♪

 ⇒ DMM FXの口座開設はこちら!



ラベル:FX
posted by しー at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

凄腕トレーダーを真似する方法

世の中にはもの凄いFXトレーダーがいます。

為替鬼さん具っさんなどもその1人ですね。

こういう方のトレード記録を見る度に、

「よっしゃ私もやってみよう!」

と思いますが、実際にはチキンなハートが邪魔をして
エントリを見送ったり、利食いが早すぎたり、無駄な損切りをしてしまったり・・・

リアルタイムで凄腕トレーダーの動きを知ることができたらいいのに
と思ってしまうこともしばしば。

そんな方に朗報です!!

人間シグナル プロトレードに登録すれば、
条件さえ満たせば無料で凄腕トレーダーがいつ何をしているのか
あなたのパソコンのデスクトップや携帯メールで知ることができます。

似たようなシステムで、サザのトレードメッセンジャーというものがありましたが、
あれは完全自動売買を行うツールでした。

しかし、常時パソコンの電源をつけておかないといけなかったり、
そのために仮想PCを借りる手続きをしたりと、
ある程度リスクも存在していました。

今回ご紹介するツールは完全手動売買となります(笑)

シグナルを受け取ってトレードをするかどうかはあなた次第。

自分が納得したシグナルだけを選んでエントリすればOKです。

例によって、利益を上げているトレーダーを選択することができますので、

「こうすれば利益が出せるのか」
「ここでエントリしたのは○○のテクニカルが△△になったからだな」

といったように勉強にも役立ちます。

興味がある方は、まずはこちらをご覧下さい。
 ⇒ 人間シグナル プロトレード


実際に試して見たい、と思われたかたは
まずは口座を作る必要があります。

こちらから口座を開設し、ログインIDを入手しましょう。
 ⇒ NTTスマートトレード 口座開設へ

その後の流れは、以下の図の通りです。




さて、これであなたも買ってる人とほぼ同じタイミングでトレードができるようになります。

なんだか他人の利益を横取り40万(古い)しているようですが、
FXはゼロサムゲーム。

誰かが勝てば、誰かが負けているのです。

もしこれまで負けているのであれば、
今後は勝ち組になって今までの分を取り返しましょう!

FX

P.S.
 念のため断っておきますが、このシグナルトレーダーの中に
 冒頭に紹介した凄腕トレーダーの方々がいるわけではありませんので〜。
posted by しー at 00:14| Comment(3) | TrackBack(1) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

わ〜お。何この円高?

はっはっは!

あんな材料がでてきてしまっては、
リスク回避によりレンジがブレイクしてもしょうがないよ、明智くん。

ということで来週の英GDPまで何事もなければシナリオ通りにいくはずでしたが、
何事かがあったため予定が大きく崩れてしまいました。

その何事かとはオバマ大統領が発表した米金融規制案のことです。

自己勘定取引の禁止が盛り込まれており、
もしこのままの法案が通ると稼ぎ頭の部署がパー
ということで金融機関の株価が暴落。

一気にリスク回避モードになりました。

識者によると原案のまま通るとは思えず、
米市場は過剰反応しすぎ

との意見もありますが、大きく下落した後に本日も日経平均が300円近く落ち込み、
円高モード継続は否めません。

急落からの反発狙いのロングと行きたいところですが、
さすがに今日は様子を見ておいたほうがよさそうです。

でもプロはこういうときに大勝負するのでしょうね。

大きく動いた後にもチャンスありですから、
安値更新を狙った順張りか、反発狙いの逆張りか
流れを見てどちらでいくか決めてみたいと思います。

といっても今夜は飲み会。

飲酒トレードはなるべくしないつもりですので、
イメージトレードだけかも。

あ、逆張りする場合はじっくり待って待って待ち倒したほうがいいですね。
5分足ではだましにあうかも知れませんので、15分足で下げ止まったのを確認したら手を出してみるとよいかも。


面白いと思っていたEUR/USDの戦略だけアップしておきます。

(EUR/USD 週足)


図はEUR/USDの週足です。

2009年3月の安値と11月の高値のフィボナッチを見てみると、
38.2%押しの1.41ラインは下回りました。

節目の1.40を割り込むと、次は半値押しの1.38付近まではいくでしょう。
(青いライン)

丁度ここには週足雲がねじれた状態で存在しており、
来週から再来週にかけて1.38まで下落したあと
雲のねじれにより相場が反転。1.40越えへ。

なんてシナリオが面白そうですね。

反発上昇があるかどうかはわかりませんが、
1.40より下での逆指値ショートはかなり有効な手段だと思います。


今日はお昼休みも仕事が入っているので、今日の狙い目はお休みします〜
posted by しー at 12:39| Comment(6) | TrackBack(1) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

いまさらですが、CFDとは?

今回はCFD取引についてのお話です。

CFDとは、Contract For Differenceの略で、
訳すと差金決済取引となります。

FXも差金決済取引ですのでCFDの一種となります。

FXとCFDを絡めて考えてみると、
例えば金や原油は資源国通貨の動きと相関が高いですね。

ということは豪ドルやカナダドルなどの資源国通貨をFXでロングしておき、
CFDで原油をショートするとリスクヘッジになります。

FXの通貨ペア同士でも逆相関ペアが存在しますが、
CFDも含めて考えるともう多種多様。

研究好きの人にはたまらないものがあります。

ちなみにCFD取引は、先物のように限月という期限がないので、
基本的にはずっとポジションを保有することができます。
(場合によっては延長に限度はあります)

また日経225miniに比べ必要な証拠金が少なくて済むのが魅力の一つ。
さらに取引枚数もCFDのほうが柔軟なので、
自分の資金量やレバレッジに応じてトレードを楽しめます。

こちらの業者ではMT4のチャート上からCFD取引ができ、
利用者からの「便利〜」という声をよく耳にしますが、
どれほど便利なのかは実際に試してみるとわかると思います。

 ⇒ CFD取引ならこちら(ODL Japan)

ODL
posted by しー at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポンド円のレンジがブレイクする日を予想

昨日は東京タイム、欧州タイムまではリスク回避モードで円高となり、
短期的に円安になると考えている私にとってはヤキモキする展開でした。

なかなか手が出せない状態が続く中、変化があったのが23時台。

22時30分の米指標ではPPIと住宅系の指標がありましたが、
あまりぱっとしない結果でしたので、
円高継続かと思っていましたが、
23時台に入るとそれまでの円高モードを払拭する上昇となりました。

ここぞとばかりにポンド円と豪ドル円のロングを仕込んで
合計+35pipsの利益。

はっきりいってかなり利食いが早すぎでしたが、
それまでの流れからまさかあれほど急上昇するとは思いもよらなかったので、
仕方がないと思っておきましょう。

24時からはポンド円の上昇が落ち着いたので反落を狙ってショートに切り替え
きっちり20pipsいただきました。

ここでもうお腹いっぱいということで終了。
これで2日連続の50pipsゲットとなり、今月は好調です。


ポンド円のカリスマ、こちらの方は93pipsの利益。
ん〜、もっと利幅を増やせたはず、と反省してしまう・・・

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (31位 侍おやじの・・・)




(GBP/JPY 日足 1/20 24時過ぎの時点)


上図は昨日の夜の時点でのチャートですが、
ポンド円はまだレンジの中にいます。

147円50銭〜149円50銭とだいぶ狭くなってきました。

このレンジをブレイクするのはいつか?

がポイントとなりますが、来週のイベントを見てみると
26日(火)に第4四半期GDP(速報値)があります。

三角保ち合いの萎み具合と、イベントまでの日数を考えると、
ちょうどその頃にブレイクしそうな感じです。

これまでの経験上、指標待ちで様子見となるか、
指標に向けて動き始めるかのどちらかだと思いますので、
後者だった場合は26日の1日前(25日)にブレイクする可能性もある
ということも考慮しておきましょう。

もしそうなると、GDPの結果次第でさらに加速するか反転するか
となるのでそこでもチャンスがありそうです。


ドル円の方向性についてとても参考になる内容。
あそこを越えるまでは戻り売りですね。メモメモ

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (35位 共に学び・・・)




さて、本日は午前中に中国のGDPなどの指標が発表されました。

中国の経済事情が好調 ⇒ 当局引き締め金融政策発動 ⇒ 円高へ
という流れが懸念されていましたが、
中国GDPは10.7%と好調を維持。
その後ドル買いとなりました。

ポンド円は30〜40pipsの荒い動きを見せて緊張が走りましたが、
その後は元の水準に戻っています。

次のイベントはGSの決算と、23時のフィリーかな。

本日も色々ありそうですが、がんばっていきましょう!


ドル円リスク回避の円買い、ドル買いの中でドル円は小幅上昇となっています。
このまま上昇しつづけそうには見えず、また円高が大きく進行するのも遠ざかり、
どっちつかずの展開となりそうですので、今日は様子見しておきます。
どちらかというとやや上向きなので、積極的にいくならロング勝負で。
  
ポンド円下ヒゲ陰線となりましたが、まだレンジはブレイクされていません。
三角保ち合いの頂点まではまだ数日の猶予がありますが、
今日も147円50銭〜149円50銭を越えない限りは、
下げ止まり、上げ止まりを確認してからの逆張りを仕掛けていきたいと思います。
  
豪ドル円一時82円台まで下落し、大きめの陰線を計上。
チャートの形はここからさらに下げそうな形となってきました。
しかし私はあえて歯向かいます。2月利上げ期待が高まっている中で
再度85円台までの上昇を期待しています。
82円40銭にはフィボナッチの半値ライン、基準線があり、
下げてもここまでだと信じて逆張り中です。


2010年も引き続き極狭キャンペーン継続決定!
キャッシュバックはこれまでの分を合わせて5万円ほど受け取りました♪

 ⇒ DMM FXの口座開設はこちら!



ラベル:FX
posted by しー at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

久しぶりのデイトレで利益ゲット!!

昨夜は久し振りにまともにデイトレをしました。

昨日も夕方になると体調が悪くなり早めに帰宅させてもらいましたが、
お風呂に入ると意外とすっきりして少しだけトレードしました。

昨日の18時30分の英CPIは、事前予想+2.6%のところが+2.9%の好結果。
前回からの伸び率は統計開始以来最大となり、
これでポンドが大きく下落することはなくなったと判断。

ちょうど21時台は逆張りにはもってこいの状況でしたので、
ナイスタイミングでエントリし、すぐに含み益となりました。

ここでは+8pipsをゲット!。

シティの決算発表後の下落が落ち着いたあとにロングして
+10pipsをゲット!

また、スイング用の豪ドル円のポジションは、
昼間の間に+30pipsで利食いしておきました。

もう1回転しようかとも考えましたが、
連動しやすいユーロ円が130円を割り込みさらに下落しそうでしたので、
豪ドル円は強気にいけないと判断し、ちょっと様子見。

結果的には129円から大きく崩れることなく戻ってしまったので
もうちょっと勇気があれば+50pipsはいけたでしょうか。

基本的に豪ドル円は買い向かってOKと考えているので、
目標地点まで下落せずに反発するようであれば
すぐにロングを仕込んでいきたいと思います。


豪ドル円の買い地点はどの辺りか?直近の値動きを元に仕込み場所をチェック!
JALの株について興味があるかたも覗いてみてはいかがでしょう?

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (84位 豪ドルFXで・・・)



さて、本日はBOE議事録と英失業率の発表が18時30分にあります。

BOE議事録は今月はノーサプライズで会合を終えたため、
それほど大きな材料はでてこないかも知れません。

ただ、先日のCPI上昇を先読みして
利上げ時期などの話題が出た場合は
ポンド買いにはずみがかかりそうですので、
方向としては上向きで見ておきたいと思います。

クロス円としてはユーロ円が足をひっぱっています。

昨日はスウェーデンのボルグ財務相が、
「ギリシャの経済統計は詐欺まがいだ」と非難。

またその後も「1人はみんなのために。みんなは1人のために」チックな発言がでて、
ギリシャによるEU共倒れ警戒とも取られかねない状態が続いています。

この問題がある限り、ユーロをロングするのはやめておいたほうがよさそうです。

EUR/USDは1.41台にサポートがありそうですが、
この勢いがとまるかどうかは微妙。

日足雲を見ると本日はねじれの日となっており、
このまますっぽ抜け下落となってしまうかも知れませんね。

しかしユーロ以外のクロス円は意外と堅調です。

ユーロ円と相関性の高い豪ドル円を除き、
最も買いやすいのはポンド円でしょう。

もう私の中ではポンド円は上向きブレイクする
としか思えない状況です。

さてこの決め打ち相場観が吉とでるか凶と出るか、
まずは本日の英指標の結果とその動きを見てみましょう。


タイトルに惹かれて内容を読んでみると、ポンド円の強気地合いは
ある時点から様子見したほうがよいかも?詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (56位 為替千里眼)




ドル円昨日は下げそうとしか見えなかったチャートが、
下ヒゲ陽線をつけたことによって下支えされた形に見えてきました。
91円台に回復してきておりこれでロングで勝負しやすくなりました。
90円後半から91円前半にかけて20〜30pipsの利幅をとるのは簡単でしょう。
  
ポンド円昨日の英CPIの結果によりレンジをブレイクするなら上方向
という可能性が高くなりました。150円中盤越えの順張りロングで勝負するか、
148円台から買い向かうという手もありでしょう。
強気にいってよさそうです。
  
豪ドル円昨日の83円台のポジションは一旦利食いしてしまったので
再度83円台でポジション構築中。ユーロ円のせいでなかなか上昇してくれません。
83円中盤でポジションを仕込み、83円後半から84円で利食いを繰り返せば
おいしい思いができそうです。
84円中盤を越えてこれば順張りロングで85円を目指したいと思います。


2010年も引き続き極狭キャンペーン継続決定!
取引高キャッシュバックをたくさん貰うために今から準備しておきましょう!

 ⇒ DMM FXの口座開設はこちら!



ラベル:FX
posted by しー at 12:33| Comment(2) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

ドル円は下げるようにしか見えない

引き続きポンド円はレンジ相場の中ですが、
ドル円のチャートを見るとここからは下げるようにしか見えませんね。

ドル円が90円台を割ってくるとクロス円の下落に波及しそうですので、
動きがでてきてチャンスが増えそうです。

私はというと昨日はノートレードでした。

というのも体調があまりよくなく、
微熱がでている状態だったので22時00分に就寝しました。

最近夜が寒かったので布団乾燥機をしたのですが、
冬の3大幸せの1つである「あったか〜い」という気持ちで寝ることができました。

ちなみに残り2つはお風呂に入った瞬間と
暖かい便座に座った瞬間です(笑)


90円台の大台を割り込んだらどこまで下落が期待できるか
こちらのブログを確認しておきましょう。利食い指値の目安にします!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (33位 共に学び…)



今日からNY勢が戻ってきますが、ユーロが対ポンドで下落中。
対円でもやや円高気味であり、その影響で豪ドル円まで下落しています。

しかしポンド円は買われており、なかなか珍しい展開となっています。

昨日がノートレードだった分、今日ははっちゃけたいと思いますが、
なかなか方向感が見いだせずにイライラする気持ちもでてきそうな相場で、
安易なポジションだけでは改めて注意する必要がありそうです。

シティの決算が発表される22時前後から動きが大きくなりそうですので、
その時間帯からがんばりたいと思います。


ドル円昨日はほぼ十字線の陰線となりました。
若干ではありますが徐々に切り下げているようですので、
このまま90円割れに向かうのか様子見したほうがよいでしょう。
今日のNYタイムのシティの決算がトリガーとなるかも知れません。
NYタイムに勝負ができれば仕掛けていきたいと思います。
指値で待ち構えるなら89円後半での逆指値ショートが狙い目!
  
ポンド円引き続きレンジ相場のため仕掛けにくい状況ですが、
徐々に下値と上値の幅が狭くなってきています。
思い切って逆張りするか、様子を見るかのどちらかしかないでしょう。
様子を見るのであれば、上下のラインを越えたときの順張り狙いに切り替えましょう。
  
豪ドル円昨日は83円前半まで下落したもののその後持ち直しています。
今週は豪州に関する主要な指標はないので、どちらにも大きく動きそうにありません。
83円台で仕込めた玉はそのまましばらく放置しておきます。
85円台まで戻るのを気長に待ちたいと思います。


2010年も引き続き極狭キャンペーン継続決定!
取引高キャッシュバックをたくさん貰うために今から準備しておきましょう!

 ⇒ DMM FXの口座開設はこちら!



ラベル:FX
posted by しー at 12:40| Comment(2) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

レンジトレードの注意点

気づけばもう1月も3週目(元日の週を数えれば4週目)なんですね。

この1月は色々とバタバタした日が続いたので、あっという間に後半戦に突入です。

ちょっと気合い抜けしている面があるので、
今週からは別プロジェクトの立ち上げも含めて
気合いをいれていきたいと思います。

今週もよろしくお願いします!!


FXブログも新たな参加者が増えましたね。
私のように4年も書いているブログはないのか、そうなのか・・・

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (13位 母の人生…)



まずは兵ブロガーの週間予想からいってみましょう。

先週はほとんど相場状況をリアルタイムで見ることができませんでしたが、
米雇用統計のマイナスからブレーキがかかったり、
再びリスク回避モードに突入しかかっています。

その流れが今週も続くのか、はたまたレンジとなって反発するのか、
どちらの予想が多いのか見てみましょう。
 ⇒ 兵ブロガーの週間予想

私が注目しているのはポンド円です。(ほぼいつもですけど〜)

(GBP/JPY 日足)


今朝のライトムーブ住宅価格は09年10月以来のプラスとなり、
ポンドはやや堅調となっています。

といっても上図のように上値と下値が抑えられやすい状況ですので、
下は146円台、上は149円後半から反転を期待して
逆張りといきたいと思います。

このレンジ用トレードで注意しなければいけないのは、
レンジを抜けたらすぐに損切りする必要があること。

レンジを抜けると大抵はトレンド相場となるので、
損切りしておかないと大変なことになります。

これまでそれでどれだけ身動きがとれなくなったことか・・・

あとは最初の数回の逆張りで気をよくして、
取引枚数を無闇に増やさないこと。

そういうときに限りブレイク損切りとなるので、
調子に乗るのは控えておいたほうがよいです。

これまで調子に乗ってどれだけ利益分を吹き飛ばしたことか・・・

本日は米市場が休場のためあまり積極的に動くつもりはありませんが、
明日以降は米金融会社の決算が続きます。

明日以降は動きも出てくるでしょうから、
今日はよそ事に専念したいと思います。

19日(火)22:00 シティ・グループ
20日(水)22:00 モルガン・スタンレー、ウェルズ・ファーゴ
         バンク・オブ・アメリカ
21日(木)22:00 ゴールドマン・サックス


ドル円の週足、日足、4時間足の方向感は?
どちらかというと○向きで見ているといった感じでしょうか。

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (31位 FXシステム…)




ドル円完全に下落トレンドに移行するかどうかは今週が正念場です。
金曜日の安値を更新してくるようであれば、90円中盤からショート狙いが有効でしょう。
その場合はまずは90円の大台維持が焦点となります。
下落せずに反発した場合はレンジ相場とみて、
91円後半から戻り売りを狙う形でしょうか。
ちょっと思い切りが必要そうです。
  
ポンド円ポンド円はレンジ相場の中にいます。
本日はここまで日足陽線を計上しており149円をはさんだ攻防といった形。
レンジを抜けるのはまだ先のようですので、
今日は反発狙いのロングか、上値トレンドライン付近での戻り売りを狙いたいと思います。
147円後半の水準はどちらにいくかわからないので様子見で。
  
豪ドル円先週は高値86円台から83円台までロングがはき出されましたが、
再びロング仕込み組がでてくるかさらに下落するかは悩ましいところ。
大きく下落する要因はないので、買い向かっても良いでしょう。
資金に余裕を持ちつつ買い下がりしていきます。


2010年も引き続き極狭キャンペーン継続決定!
取引高キャッシュバックをたくさん貰うために今から準備しておきましょう!

 ⇒ DMM FXの口座開設はこちら!



ラベル:FX
posted by しー at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

ようやく落ち着きました

昨日は久しぶりに家族4人、自宅で過ごすことができました。

娘たちの体調はだいぶ良くなり、
後は私の胃腸風邪が直るだけ、という状態ですが、
今朝起きたら熱も下がり大丈夫そうだったので出社しています。

たまった仕事を片付けるのに精一杯ですが、
今月中にあげなくてはいけない案件の対応もあるので、
来週からは仕事が忙しくなりそうです。

さて、昨日は20時30分には寝てしまったので、
細かい為替の動きについていけていませんが、
ポンド円の戻り売りが成功しておりイイ感じです。

ドイツ首相の辞任の噂や、ジャマイカのデフォルト懸念などが
リスク回避の動きにつながっているようです。

まだまだ大きな円売りトレンドに入る時期ではないようですね。

3月が終わるまでは、今のようにある程度のレンジでのトレードで
稼ぐことができそうです。

今日もポチッとクリックをお願いします!!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 為替ブログ


ドル円結局昨日は上げそうで上げない十字線を計上し、
方向性が見えない状況となっています。
今日はリスク回避指向が強そうな状況ですが、
引き続き90円後半のサポートラインが機能するようであればロング勝負も面白いでしょう。
素直にいくなら90円後半を下抜けた時点での順張りショートが
リスクの少ないトレードでしょうね。
  
ポンド円昨日の上ヒゲ陽線は上値の重さを表しているようです。
150円手前での戻り売りは以前として有効でしょう。
本日も戻り売りをメインに狙っていきたいと思います。
  
豪ドル円昨日は豪雇用統計があったのですね。
結果が良かったため豪ドル買いにつながっていたようですが、
今日はリスク回避指向のために豪ドル円も軟調気味。
直近安値を割り込まないようであれば強気のロング攻めもありでしょう。


2010年も引き続き極狭キャンペーン継続決定!
取引高キャッシュバックをたくさん貰うために今から準備しておきましょう!

 ⇒ DMM FXの口座開設はこちら!



ラベル:FX
posted by しー at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

生活は無茶苦茶ですが利益はでています

ようやく下の娘が退院できました。

嫁の胃腸風邪はまだ完全に治ってはおらず、
そしてついに私まで症状がでてきてしまいました。

これで家族全員、全滅です。

先週末からまともな生活ができていません。

今日も会社は有給をいただき、自宅療養中です。
この下痢は強力すぎます。手についたウィルスが伝播しないよう、
手洗い、うがいはしっかりしなければいけないと改めて思いました。

FXのほうは指値勝負がなんだかんだとうまくいっており、
月の前半で 1ヵ月分近くの利益が出せています。

デイトレしないほうが成績がいいかも?

目標とする指値でしっかり利食いできているのが好調の理由です。

いつもは目標地点到達前に利食いしてしまうので、
今月はなるべく我慢して指値による利食いを徹底したいと思います。

今日もポチッとクリックをお願いします!!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 為替ブログ


ドル円昨日は下げ止まり、今日も陽線を計上しそうな状況です。
今回の高値から安値までの半値が92円中盤付近ですので、
その辺りまではロング勝負でおっかけて問題ないかも。
その後は様子見に変更します。
  
ポンド円146円から150円50銭のレンジの中にいます。
昨日の上昇の勢いに乗って今日は再度150円トライ中。
もし前回高値の150円69銭を超えてくるようであれば素直に順張りロングでいきたいところ。
戻り売りも視野にいれ、150円前後は様子見に徹したいと思います。
150円中盤まで上昇したら、149円後半での逆指値ショートが有効でしょう。
  
豪ドル円今朝は大きく乱高下しているようですが、何が原因かは調べてません。
方向性は上向きのようなので、押し目待ちを切り上げて84円台からロング勝負でいきたいと思います。

ラベル:FX
posted by しー at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

バタバタと倒れて・・・


下の娘の入院の余波で上の娘がノロウィルスで倒れ、
嫁も胃腸風邪にやられてごたごた中です。

私だけはなんとか大丈夫ですが、時間の問題かも?

胃腸風邪が流行っているようなので、
皆様もお気をつけ下さい。

今日は出社していましたが、早退してこれから病院です。

今日の狙い目だけアップしておきますー。

こんなときこそ応援ポチッをお願いします!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 為替ブログ


■今日の狙い目

ドル円3日続けて続落しているドル円ですが、直近サポートラインだった91円前半を下抜け
下落が加速したようです。とりあえずは節目の90円00銭付近にある
50日線付近で下げ止まるか見ておきたいと思います。
その後の状況次第ではありますが、ロングへの切り返しも狙い目かも?
ちょっと様子を見てからエントリしたいと思います。
  
ポンド円雲の上限146円20銭は強力なサポートのはず。
146円台前半ではロングを狙いたいと思いますが、
もし突き抜けてきた場合は下落が加速しそうですので、
まずは止まるかどうかを見てから仕掛けたほうがよいでしょう。
  
豪ドル円昨日は大陰線を計上してきました。
半値押しとなる82円40銭付近まで待ちたいと思いますが、
今日は昨日の陰線の半分は戻す可能性もあるので、ちょっと粘りが必要です。

ラベル:FX
posted by しー at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

ほっと一安心

先週は下の娘がずっと39度の高熱を出して体調が悪かったのですが、
何度も病院にいってもなかなか症状が治まらず、
9日(土)に入院することになりました。

結局軽い肺炎と診断されましたが、
とにかく熱が下がらなかったのでとっても心配しました。

10日(日)の夕方にはようやく36度6分まで熱が引き、
ご飯も食べるようになってくれたので一安心です。

鼻に管を通されたり、点滴をずっとうっていたりと、
まさに病人という見た目でぐったりしている姿を見ていると、
大丈夫なんだろうかと不安になるときもありましたが、
とにかく治ってくれてほっとしています。

ということで本日11日(月)も看病のため病院に行って来ますので、
夜まで為替情報とは無縁な1日となります。

先週の雇用統計でドル買いにブレーキがかかり、
先週前半のように戻り売り優勢となるのかが月曜日のポイントでしょうか。

といっても東京タイムは休日となるので、
勝負は欧州タイムからでしょう。

夜には戻ってこれるので、NYタイムからのデイトレには参戦できると思います。
それまでの流れを見て、その場の流れで勝負していこうと思ってます。

今週の週間予想については、お昼頃更新予定の兵ブロガーをご覧いただきたいと思います。
今週の前半と中盤からのイメージを書いてみました。
 ⇒ 兵ブロガーの週間予想

応援クリックのほうもよろしくお願いします!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 為替ブログ
posted by しー at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

ODL Japanの特徴


私のFX歴もすでに4年目となり、そろそろ初心者は脱出できたと思っているのですが、
2年ほど前からMetaTrader4を使っています。

今でこそリアルタイムな値動きに合わせてローソク足が大きくなったり小さくなるのは
当たり前ですが、FXを始めた当初は動かないローソク足のチャートを使っていました。

といっても右も左もわからない状態だったので、そんなチャートですらただ単に見ていただけ
というのが正しいのかも知れませんが、初めてリアルタイムに動くチャートを見たときは
感動したものです。

色々なFX業者の口座を作り、チャートを探してきましたが、
MetaTrader4に落ち着いたのには当然ながら理由があります。

まず第一にカスタマイズ性が高いということ。

私は見た目から入る人なので、ちょっと気に入らない部分があると
自分のわかりやすいようにカスタマイズしたくなります。

この部分は申し分なくクリアでした。

次に自分の見ているテクニカルが良い具合に設定できること。

これは当然と言えば当然なのですが、
チャートによってはローソク足のバックグラウンドにインディケータが表示されず、
別の領域に表示されてしまうというものもあります。

それでも良いものもあるのですが、やはりチャート上に表示されるべきものは
表示されて欲しい。MetaTrader4ではその不満は特にありませんでした。

3つめは短い足から長い足まで、チャートを並べて配置できること。

私は普段は1分足、5分足、15分足、1時間足を見てトレードしていますが、
それぞれ自分なりのテクニカルをテンプレートにしたものを並べています。

その状態でさらにダウや日経平均、WTIも一緒に確認できるのは
MetaTrader4しかありませんので重宝しています。

ODL JapanのMetaTrader4の凄いところは、
FXだけでなくCFDの取引が可能だという点です。

他社にはないODL Japanだけの機能ですので、
CFDを始めたいと考えている方はここしかないでしょう。

 ⇒ ODL Japanの詳細を確認する

ODL
ラベル:ODL Japan
posted by しー at 00:11| Comment(1) | TrackBack(1) | 口座開設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

菅財務相フィーバー

昨日は菅さんが財務相に就任していきなりやってくれました。

「さらなる円安が望ましい」
「90円半ばくらい」

と初日から口先介入発言で、会見時には一気に円安に飛びました。

その後落ち着きましたが、自分の発言がどれほどの影響を及ぼすか、
もうちょっと気をつけていただきたいものです。

これでは財政素人と言われてもしょうがないですねぇ。

私はプログラマの仕事をしているので、
営業部と開発部の対立というものに触れてきたのですが、
私のイメージでは国会議員=営業、官僚=開発
という構図なのかな、と思っていました。

営業はあることないこといって無茶な要求を持って帰り、
実際のモノを作り出すのは開発のお仕事
という関係です。

で、先日菅さんは霞ヶ関は大バカ発言をしており、
なんか自分がバカにされたような印象を持っているので
実はあまり好きではありませんが
今後は口先ではない結果を期待したいと思います。

―――――――――――――――――――――――――
スキャルピングのコツとは?
これはデイトレでもスイングでも一緒といえば一緒ですね

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (8位 為替兎の…)

―――――――――――――――――――――――――

昨日のBOE政策金利は市場予想通りの据置きでサプライズはなし。

量的緩和はあと1ヶ月で終了、ということで
このことが材料になるかとも思えましたが特に大きな動きはありませんでした。

クロス円は陽線をつけてきたものの、
ドバイショックの再燃材料がでてきたり不安要素はまだありそうなので、
高値圏からの調整には気をつけておく必要がありそうです。

今後の展開については今夜の雇用統計の結果を見てみないとなんともいえませんが、
もし雇用者数プラス、という結果であればドル買い、クロス円買いがもう一段
進むことになりそうです。

雇用者数の増減もきになりますが、
失業率の数字にも注意しておきたいと思います。

事前予想では10.0%と切りの良い数字ですが、
印象的に9.X%と切り下げてくるとこちらも追い風となるでしょう。

マイナス要因としては、期待の高さに届かなかった場合の失望売りが出ることと、
Sell on factでの反転となること。

いずれにせよ値動きなし、というのはなさそうなので、
上でも下でもどちらにも対処できるよう待ち構えておきたいと思います。

―――――――――――――――――――――――――
ドル円のレジスタンスラインは94円○○銭付近?
ですがどちらで勝負するか難しい局面であることには変わりありません。

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (23位 共に学び…)

―――――――――――――――――――――――――

■今日の狙い目

ドル円92円から粘れば100pipsはいける状況でした。
雇用統計の結果が良ければ94円台への到達も間近でしょう。
95円まではロングを継続したいと思います。
95円に達することがあれば戻り売りに切り替えます。
  
ポンド円年末の高値の150円中盤までは上値を追いやすい状況ですが、
ポンドは不安材料が多いので前回高値付近では欲張らずに利食いしておいたほうがよさげ。
こちらも雇用統計の結果待ちです。
  
豪ドル円86円にもタッチしましたが引き続き様子見中。
6/11:80円45銭 8/10:81円99銭 10/23:85円29銭の高値のラインを結ぶと
88円付近までの上昇余力があるということになりますが、
そこまでいっちゃうのかな?


2010年も引き続き極狭キャンペーン継続決定!
取引高キャッシュバックをたくさん貰うために今から準備しておきましょう!

 ⇒ DMM FXの口座開設はこちら!



ラベル:FX
posted by しー at 12:41| Comment(0) | TrackBack(1) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

FOMC議事録とBOE政策金利

昨日はECB理事の「EUはギリシャを救済することはない」との発言を受け
ユーロが売られる展開でした。

しかしクロス円は上昇に転じ、毎日目まぐるしく変わる状況に
素早い相場観の切替が必要になっています。

また時間帯によっても比較的大きく流れが変わっているので、
デイトレ派の人にとってはやりやすいかも知れませんが、
中期派の人にとってはむずがゆい展開なのかも知れません。

―――――――――――――――――――――――――
菅さんが財務相に就任するとドル円が底堅くなるのはなぜ?
その答えはこちらをご覧下さい!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (54位 為替千里眼)

―――――――――――――――――――――――――

今朝の4時にはFOMC議事録の発表がありました。

内容は楽観的な見通しはせず、さらに長期的な失業率の悪化や、
資産購入枠の延長の可能性を議論するなど、
利上げの利の字もでてこない厳しい内容でした。

資産購入枠の延長というと、出口戦略とは逆方向の緩和策となるので、
まだまだ利上げの時期を議論する段階にはない
ということになりそうです。

逆に早期出口戦略の議論はドル安となる可能性があったので、
今はこれで良かったのかも。

明日の雇用統計の事前予想は前回の-1.1万人からプラマイ0となっていますが、
失業率は10.1%に悪化することが見込まれています。

先日のADP雇用統計は事前予想よりは悪かったものの
減少幅は確実に減ってきており、明日の雇用統計の期待が高まりますが、
この期待の大きさが逆に失望へ変わったときは
それはそれで大きなチャンスとなりそうですので、
明日の楽しみとしてとっておきましょう。

まずは本日のイベントとして
MPCの結果を受けたポンドの動きに注目したいと思います。

146円〜150円のレンジができつつありますが、
今日は中間地点に近い位置ですので、
どちらかに決め打ちで手を出すのは難しいです。

しかし、昨日でたような英国債格下げの可能性といった一過性の売りニュースは
一時的な動きにとどまり我々のチャンスを広げてくれるものですので、
方向的には上向きを期待してロングを仕込むチャンスを待ちたいと思います。

―――――――――――――――――――――――――
日本の財務相の交代劇も気になりますが英国の首相の去就も気になります。
これまでのブラウン首相の進退劇を詳しく知りたい方はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (49位 ロンドンFX)

―――――――――――――――――――――――――

■今日の狙い目

ドル円91円50銭で踏みとどまり反発中です。
FOMC議事録でややドルが弱くなりかけましたが、急落リスクはなさそうです。
明日の雇用統計待ちの間に10〜20pips抜くのはやりやすい状況だと思われますので、
92円前後からでもロングで攻めてOKでしょう。
  
ポンド円146円でロングが仕込めた人はおめでとうございます♪
私は146円25銭のポジションが60pips抜きで利食いできました。
もっと引っ張れば倍付けできましたが1日で148円まで反発するとは
誰が読めたでしょうか。本日はBOE政策金利がありますので、
そのイベントまでは様子見しておきたいと思います。
その後の動き次第ではありますが、基本的にはロングチャンスを狙い撃ちたいと思ってます。
  
豪ドル円待ち構えている水準からは遠いお空の上にいってしまいました。
85円に到達しさらに上値追いとなるのか、83〜85円のレンジ形成となるのか、
ちょっと様子見しておきたいところですが、この展開は私の苦手とする展開です。


2010年も引き続き極狭キャンペーン継続決定!
取引高キャッシュバックをたくさん貰うために今から準備しておきましょう!

 ⇒ DMM FXの口座開設はこちら!



ラベル:FX
posted by しー at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

週の前半の戻り売り→○、後半は?

年始2発目の昨日は色々と動きのある1日でした。

欧州タイム、NYタイムとクロス円は順調(?)に下落し、
思惑通りの展開でにんまりでしたが、
24時の米中古住宅販売保留が前月比 -16.0%という数字を見て、
プチ押し目買い狙いは完全に止め、ショート一本に絞ってトレードしてました。

暖まり始めたかにも見えた米住宅市場にブレーキがかかってしまったのか、
11月という中途半端な季節的な要因なのかはわかりませんが、
昨年末のある意味楽観的なドル買いにちょっと待てが入ったように思えました。

国内を見てみるとこれまで色々と物議を醸し出してきた藤井財務相が
体調不良を理由に辞任の意向を表明しました。

後任はまだわかりませんが、管さんが兼任するとの話もあり、
それを見て「いやいや、それはまずいだろ?」とびっくりしてました。

直近だけでなく、10年、20年先を見据えた経済政策のとれる人に就任していただきたいものです。

―――――――――――――――――――――――――
本日は非常に重要な局面?安易なロングにちょっと待った!
これは読んでおいたほうがよいでしょう。

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (4位 FX歴8年目!…)

―――――――――――――――――――――――――

欧州ではアイスランド国債の格下げ問題が勃発。

さらに英国債格下げも場合によっては引き下げられる
といった記事がでてユーロ、ポンドともに続落。

ドルはダメ、ユーロもダメ、ポンドもダメ
となると買われるのはやはり円しかないということで円高進行となっています。

しかし主要国通貨がダメでも、豪ドルなら買い
という選択肢もでてきたようで、豪ドル円は比較的落ち込みが鈍いようです。

ロングを狙うなら豪ドルが最も堅い通貨ということになりますかね。

個人的にはもうちょっと押し目を形成してもらいたいと思っていますが、
今朝の豪・住宅建設許可件数の結果でも豪経済は上向きのようですので、
深い押し目はやってこない気がしてきました。

82円台からは買いの準備を始めたいと思います。

さて、今週の戦略として週の前半は戻り売り、
後半は米雇用統計の好結果を期待した押し目買いと考えていましたが、
今のところ気持ち悪いくらいにシナリオ通りに進んでいます。

今日のADP雇用統計の結果を見て、
金曜日の雇用統計がどちらにぶれるかを確認しておきたいところですが、
年末年始の上昇前の水準まで戻してきた各通貨が、
もう一度短期上昇気流に乗るのかどうか、
今週の残り3日は今のところロングをベースに見ていきたいと思います。

―――――――――――――――――――――――――
サイクル理論による2010年の大まかな相場イメージ(ドル円)
高値は8月ですか、メモメモ。

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (26位 共に学び…)

―――――――――――――――――――――――――

■今日の狙い目

ドル円ドル円の年末の水準は91円前後でした。
その前のレジスタンスラインは90円後半となっていたため、
90円80銭〜91円20銭あたりは、今はサポートされやすい状況だと思われます。
91円前後での押し目買いを狙っていくことにしましょう。
  
ポンド円ポンド円は思惑通りの展開となり今年の初利益は大きなものとなりました。
2段階ショートをとった後は146円前半での押し目買いに切り替えたいところですが、
再び欧州通貨のセンチメントが悪化しやすい状況ですので、
今日は無難に様子をみておいたほうがいいかも知れません。
アグレッシブにいくなら146円20銭付近でロングを狙いたい。
  
豪ドル円引き続き押し目待ち中です。
まだまだ下げてくるはずだと考えていますが、さすがに80〜81円は遠すぎるか・・・。
とりあえず82円後半に達してからどこで買うか判断したいと思います。


2010年も引き続き極狭キャンペーン継続決定!
取引高キャッシュバックをたくさん貰うために今から準備しておきましょう!

 ⇒ DMM FXの口座開設はこちら!



ラベル:FX
posted by しー at 12:41| Comment(2) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする