2016年09月23日

フライング気味な来年の展望

日銀とFOMCの結果が発表されて2日が経過しました。

これらの結果について、今さらあーだこーだというつもりは毛頭ありませんが、日本勢と海外勢は異なる反応を見せているように感じられます。

長期金利を0%に近づけるということで、銀行にとっては朗報。邦銀株価は上昇して東京タイムは円安へ。

海外勢は追加緩和を縮小しているではないか、と受け止めたことで円高へ。

時間帯によって値動きが明確になり、これがしばらく続けばトレードはしやすくなります。一時だけの連動かも知れませんけどね。

今回の日銀の対応に関する意見は、こちらの記事がとても参考になりました。
コラム:円安期待なき日銀新スキームの矛盾と限界(ロイター)

著者の佐々木氏のコラムは毎回読んでいますが、今回もズバッと斬っていて小気味よいです。

本邦政府としては円安に持っていきたいが、日銀は円高につながる形に方向転換してきました。

ドル円の100円の大台が決壊するのが先か、延々と下支えを続けてレンジ相場が継続となるのか、直近の材料としては日本の要因では円安はなさそうなので、12月のFOMCの利上げに頼るしかなさそうです。

が、FOMCも利上げペースは遅いと公言しています。12月に利上げ後、来年のペースが年2回や1回となるとドル買い需要もなかなか生まれないでしょう。

テーパリング=(短期的な)円高という反応は合点がいきますが、中長期には円安にも円高にも振れない気がしてなりません。

緩やかな金利上昇に伴い次第にドルが強くなるのかも知れませんが、2017年は強いトレンドはでない1年になるのかもしれませんね。

最後に以下のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログへ

posted by しー at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

日銀、未だ発表せず

お昼前にフライング的な円高がありドル円は一時101.23円まで下落していましたが、すぐに元の水準へ。

お昼ごはんを食べながら今か今かと待っていましたが、毎度ながら日銀の発表時間が不定なのはなんとかならないものでしょうかね。為替を生業としている方にとってはたまったものではないでしょうに。

前回も発表が遅れれば遅れるほど追加緩和がある、という過去の事例がありましたが、今回も12時30分を越えても発表はなく、何がでてくるかヤキモキしている人多数。Twitterのタイムラインが面白いことになっていました。

私もこのブログを書きながら待っている状態でしたが、そろそろお昼休みも終わってしまうため結果は待たずに投稿。

ここまで待たせるのであれば、発表された後は大荒れとなるのかな?

楽しみは夜にとっておきます。

最後に以下のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログへ

posted by しー at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

明日のイベント待ち

今日は台風Day。

朝の出社時はパラパラ雨でしたが、お昼現在は風と雨が強くなってきました。

東海地方は夜21時頃には暴風圏を抜けるようなので、中途半端に帰るのではなく遅くまで仕事すればいいや、と思うのは社畜脳なのでしょうね。

さて、昨日は夕方からいきなり円高が進行しましたが、ドル円はまだ102円を回復していません。

押し目買いを狙うのか、売りを狙うのかなかなか難しいところですが、明日の日銀とFOMCまではさほど大きな動きはないと見ているため、どちらでもよいといえばよいです。

株も絡めて考えると、株安となりやすい状況になってきているため円高目線で見ておいたほうがよいかも知れませんね。

本日は大雨による雨漏りに怯えながら、集中できない一日を過ごすことになりそうですが、夜無事に帰宅できればちょっとだけ夜トレに参戦しようと思います。

最後に以下のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログへ

posted by しー at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

レンジ相場の稼ぎ方

昨夜は案の定トレードはできませんでした。

本日の午前中はやや円安モードで102円中盤まで上昇していましたが、その後一時102円割れ水準まで反落。来週の日銀会合に関する情報に振り回されている印象です。

この状況でもエントリするなら短期でがちゃがちゃ回すしかなさそうですが、タイミングを間違えると怪我をしそうなのでなかなか難しそうですね。

NYタイムにはNYタイムの流れがあるので、最近の東京タイムほどあっちやこっちにふらされることはないと思いますが、突発的な動きに飛び乗るのは得策ではなさそうです。

このような狭いレンジ相場のときで、かつ、動きが落ち着いているときは、超短期の1〜3pips狙いくらいなら意外と獲りやすいときもあります。

スキャルの場合は建玉を多くすることで利益を確保していますが、焦らず十分に引き付ける慎重さと、勝負するときはがっつりいく大胆さを駆使して、ノルマ達成を目指そうと思います。

最後に以下のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログへ

posted by しー at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

思わぬ円安

昨日は来週の日銀会合の内容に焦点があたったようで、円安優勢となりました。

NYタイムの時点で102円中盤からやや垂れてきている状態でしたが、本日午前中にかけて上昇。一時103.20円付近まで上昇しました。

103円はレンジ上限と見ていましたが、この水準で定着してきた場合は少々レンジの上限を切り上げたほうがよさそうです。

いずれFOMCにフォーカスが戻ると反落したり、再び日銀の話題で円安となったりとするのではないかと思っていますが、今はスイングより短期勝負のほうが良い状況だと思いますので、宵越しのポジションは持たないつもりで臨みたいと思います。

本日は午後から久しぶりの長い打ち合わせ。その後はきっとお疲れさん会で飲み屋になだれ込むと思います。

夜トレは明日以降がんばりますっ。

最後に以下のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログへ

posted by しー at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする